ブチ切れるオヤジたち~コンビニ買い物編

スポンサーリンク

最近、私の周囲のいい歳こいたオヤジたちが切れている。

あちこちでブチ切れるオヤジ目撃するようになった。

先日はコンビニでレジに並んでいるとき、キレているオヤジがいた。

今回はその一部始終を書いてみる。

(レジに購入するお弁当を差し出すオヤジ)

店員:「お箸はお付けしますか?」

オヤジ:「え? 何言ってんだ?」

(さっそくブチ切れる)

オヤジ「箸がなくてどうやって食べるんだよ。」

店員「……」

それは、コンビニのマニュアルで、お客さんにそう聞くように決められているんだよ。このオヤジ、コンビニで買い物したことないンか?

オヤジ「こんな当たり前のこともわからないで、お前、どういう教育を受けてきたんだ?」

と言って、レジの前でこんこんと説教をし始めるオヤジ。

おいおい、レジで後ろに人、並んでいるんですけれど。どういう教育って、だいたい家の箸で食べる人もいるんだから、使わない箸を渡すと、資源の無駄遣いになるんだよ。それに、コンビニオーナーも経営が大変で、箸の1つと言っても、積み重ねれば、コスト削減になるんだよ。オヤジこそ、どういう教育を受けてきたんだ? 社会人なら、それぐらい想像つくだろ。

私は心の中で、オヤジに説教していた。

それにしても、理不尽なオヤジの言いがかりに顔色一つ変えないで、必死に耐えている店員、偉いぞ。この店員こそ、すんごい社会人教育を受けてきた。ていうか、本人の人格だ。

コンビニの仕事は大変だ。こんな無茶苦茶なクレーマーの相手をしなければならないのだから。だから、いまコンビニのバイトを誰もやりたがらない。大手コンビニでは、外国人の店員が増えてきてい心地る。

自分たち客がコンビニ店員の仕事の負担が少しでも減るように、快く協力できるものならば協力したい。たとえば、トイレをきれいに使うとか。

少なくともこんなオヤジは撲滅せねば、と思ってみたりする。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする