【追悼ベルナルド・ベルトリッチ】

間借り人chougoroです。

プロフィールはブログ主さんの下の方をご覧ください。

「ラスト・エンペラー」で知られているイタリア人映画監督ベルナルド・ベルトリッチ監督が亡くなりました。

同監督の「1900年」は私のベストムービーです。

学生時代イタリア映画のブームがありました。

岩波ホールがルキノ・ヴィスコンティを紹介したのがブームの始まりでした。
「家族の肖像」「ベニスに死す」が人気でした。
続いてフェデリコ・フェリーニ。
そして、ピエロ・パオロ・パゾリーニ。

第二次大戦後のイタリアン・ネオリアリズム映画(代表作は「自転車泥棒」)で助監督を務めた面々です。

パゾリーニの弟子がベルトリッチです。

師匠が排泄物を食べるシーンの映画「ソドムの市」で物議をかもしたのに対し、弟子は『ラストタンゴ・イン・パリ』で性行為を映して世間を騒然とさせます。

「1900年」は1900年に生まれた幼馴染の2人の一生を描いた5時間16分の大作です。二人は地主の息子と小作人の息子ですが、身分の違いを乗り越えてファシズムの時代を乗り越えます。

休憩をはさんで二部構成での上映でしたが、あっという間に感じられました。

晩年まで第一線で活躍した巨匠でした。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする