2018年JRA10大ニュース(第10位~第7位)

今年の中央競馬の日程がすべて終わった。
最後のG1ホープフルステークスは大かたの予想通りサートゥルナーリアが安定感の勝利を収めた。
今年もいろいろあったな。
独断と偏見で2018年中央競馬界10大ニュースを発表しちゃおう!

第10位 モレイラ騎手、騎手免許1次試験不合格
第9位 モレイラ騎手来日。
第8位 オジュウチョウサン、史上最多のJ・GI 5勝、障害重賞9勝、JRA重賞9連勝。
第7位 角居勝彦調教師逮捕される。

こう並べて振り返ると、今年もいろいろあった。

第10位、第9位にモレイラ騎手が続けて入った。

今年の同騎手のJRA年間最終成績は76勝10位で武豊と並ぶ順位。

でも、モレイラが来日してJRAのレースに乗り始めたのは7月28日の札幌開催から。

わずか半年でこの成績だからもの凄い。短期免許ではなく、正式なJRA騎手になって1年間乗り続けたら、もっと、すさまじいことになっていた。

モレイラ騎手のデータは、勝率.350、連対率.502、複勝率.613 。

今年のリーディングジョッキーのルメール騎手(勝率.276連対率.449複勝率.576)をしのぐ。

いやはや、雷神の異名に恥じない電撃的な活躍だった。

彼の騎乗を一年間、コンスタントに見たい。

そう願ったのは、私ばかりではない。

そんなファンの願い空しく、モレイラ騎手は騎手免許1次試験を不合格。

これだけの戦績を挙げたのに、なんで?

非難の嵐、囂々(ごうごう)。

「これだけの戦績を挙げたのに」ではなく「これだけの戦績を挙げたから

試験に落ちた。

ルメール、Mデムーロに加えて、モレイラが加われば、日本人騎手の職場は食い荒らされる。

世の中は逆説ではなく、順接で語られるのが真実なのだ。

・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛

第8位 オジュウチョウサンの活躍は心地よかった。

久しぶりに強い障害馬に巡り合えた。しかも、有馬記念にまで出て、9着とがんばった。

ダービー馬のマカヒキ(10着)より上、というのは胸を張れる。

今年の有馬記念は例年よりメンバーが手薄で、いまひとつ盛り上がりに欠ける感想を持ったが、オジュウチョウサンの出場で、さわやかな印象を残した。

・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛・・・💛

第7位の「角居勝彦調教師逮捕される」は本当に衝撃だった。インパクトからすれば、5位以内に入るところだが、悪いニュースなので、あえて順位を下げて第7位とした。

飲酒運転で逮捕、だなんて、脇が甘すぎる。

公的な仕事面では、角居師の繊細で緻密な調教師という世間の評価とは裏腹に、プライベートでのいい加減さのギャップに、驚き、とまどったファンも多かったに違いない。

角居師に対するJRAの正式な処分は11月7日にJRAホームページで発表された。

「2018年7月6日(金曜)から2019年1月6日(日曜)まで調教を停止する。」とのこと。

http://jra.jp/news/201811/110702.html

それ以前から、角居師は調教停止となり、厩舎の預託馬は中竹和也厩舎預かりとなった。

そんな事情もあって、今年の中竹和也調教師は55勝でリーディング2位(1位は藤原英昭調教師の58勝)。

角居厩舎の預託の1口クラブも中竹厩舎に移動となったが、従来の角居厩舎のスタッフがそのまま仕事を受け継ぎ、変更は名儀だけ。

それでも、いいこともあった。

社台サラブレットクラブのカイザーバルが1400mに宗旨替えして、2連勝。これは厩舎が変わったことと無関係ではない。

明日は第6位~第5位を発表します。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング