ダメダメなジョン・レノンが好き~ジェラスガイの世界に浸る

スポンサーリンク

ジョン・レノンはいささか神格化されすぎている。

一応、代表曲と言われている「イマジン」(Imagine)は、いい曲には間違いないが、なんだか、歌詞がぼんやりとしていて、いまひとつ入り込めない。

LOVE and PEACEは愛が世界を平和にする、というメッセージはわかりやすいが、たぶん逆だと思う。

男女の愛情のもつれで事件が起こっているし、偏狭な愛国心が国際紛争を引き起こし、移民や難民排斥のもとになっている。

ジョンとヨーコがベッドインするところをメディアの前で公開しているあのシーンは、当時も今見ても意味不明。どうしても性愛しか連想できない。それが世界平和にどうつながるんだよ。

でも、もうひとつの名曲、「ジェラスガイ」(Jealous Guy)は泣ける。

ここでは、嫉妬深いダメなジョンが等身大に描かれている。誰でもこんな一面がある。彼女を傷つけたくなかったのに、嫉妬心のあまり、どうしてもキツイ一言を発してしまう。

そういう自己嫌悪、自己憐憫(れんびん)とも言えるダメダメな自分をカミングアウトする歌だ。

それが、なんとも、もの悲しく響く。

自分にもあてはまる。だから普遍性がある。国境を越えて愛される歌になる。

世界平和なんていうものは、高邁(こうまい)な理想を上から語るのではなく、こんなダメダメなところから、ひとつひとつ積み上げていくものじゃないだろうか。

Jealous Guy

https://youtu.be/wADRRYNHhOA?t=143

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング