最近の自転車乗りが自己中すぎる

 

たまに自転車で出かける。
最近、よく感じるのが、自転車乗りのマナーの悪さだ。
前方の交差点の脇道から、自転車が減速しないでこちらに突っ込んできて、私の自転車に危うくぶつかりそうになった。
ゴメンの一言もいわない。
それが一日に二回あった。
今日は今日で、自転車の一方通行道路で、横道から逆送してきて、道をゆずらずに、注意しても、ふてくされたような顔をするだけ。
こういう手合いは若い女が多い。
こんなことが度重なるものだから、自転車で外に出るのが憂鬱になる。
私は車の運転免許がないからわからないが、おそらく読者のドライバーの方も最近の自転車乗りの勝手ぶりに閉口している方も多いに違いない。
自転車ももちろん道路交通法の取り締まりの対象となるが、警察も人手が足りない。よっぽどの悪質なケース以外は自転車の交通違反を摘発しない。
だから、自転車乗りは調子に乗っているのだろう。

自転車が歩道をわがもの顔で走るのも困ったものだ。
交通法規では、自転車も歩道を走行できるが、歩行者に注意するようにと書いてある。
歩道を走るのは問題ないが、スピードを出して走るDNQがいる。
歩道には体の弱いはお年寄りや乳母車を押したお母さんがいる。
そこんとこを考えて、もっとゆっくり走ってくれないものか。

自転車とか自動車とかを走らせると、その人がふだん押し隠していた人間性が出る。
このことを自覚すれば、あまりにも自己中な自分の本性に気が付いて、嫌になり、抑えようと私なら思うのだが。
そんなことに気が付かないから、DNQなのだろう。

ルールやマナーを口やかましく言い立てるのは好きじゃない。
でも、自転車に限らず、駅や公共施設でも他人に気配りせず、自分のやりたいことをする人間が多くなってきた。
歩きスマホが典型だけれど、自分さえよければそれでいい。他人は物と一緒。

そんなふうに思うから勝手な振る舞いをするのだろう。

そんなのが増えてきたいまの世は、ますます生きにくくなってきた。
こう思うのは自分だけだろうか。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする