「義母と娘のブルース」麦田店長の父役の宇梶剛士がいい味出しているね。

スポンサーリンク

宇梶剛士が好きだ。
出自と来歴が異色だ。
母親がアイヌの詩人。
高校時代に暴力事件で逮捕されて少年鑑別所送り。
出所後、暴走族に入り、ブラックエンペラーの総長。暴走族同士の抗争で再び逮捕。少年院へ送致。これだけの来歴を読めばモノホンだってわかる。

面(ツラ)構えが根性入っている。

年をとって、年輪を重ねて、さらに深みを増している。

その宇梶剛士が綾瀬はるか主演のドラマ「義母と娘のブルース」でベーカリー麦田の麦田店長の父役で出演している。頑固一徹の叩き上げのパン職人という設定で、いい味出しているね。

ダメ息子(佐藤建)との確執が見せる。

言葉の溜めというか、間が実にいい。

こういうバイプレーヤーがいると、ドラマがぐっと引き締まるね。

今後も宇梶さんの出番を楽しみにしています。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング