【ルフトシュトローム】新馬戦楽勝。みくびって御免なさい。

サンデーサラブレッドクラブのルフトシュトロームが1月19日(日)中山6R・芝1600m戦に内田博幸騎手でデビューして、見事新馬勝ちを飾りました。

当ブログでは、戦前、ルフトシュトロームの評価を下げた記事を書きました。

1月19日(日) 【サンデー】 <牡馬>ルフトシュトローム 、父キンシャサノキセキ、美浦・堀宣行厩舎 中山6レー...

蓋をあけてみれば、たいして追うこともなく、大差勝ち。

勝ちタイムこそ1分37秒3と目立った時計ではないが、追えば1秒以上詰めることも可能だろう。

この馬を大変みくびっていました。

出資者の皆様、POGで指名された方々、ルフトシュトロームのファンの皆様、御免なさい。

土下座して謝ります。

キンシャサノキセキ産駒はスプリンターという勝手なイメージを持っていましたが、こちらも覆されました。

この馬はマイルから1800mぐらいまではもちそうですね。

キンシャサノキセキの代表産駒になることを祈念します。

馬体重は492kgでした。レースは好スタートから先行3番手を追走、道中逃げ馬をみながら進みました。4コーナーでは持ったままで先頭に立ち、最後の直線で仕掛けると、後続を引き離して先頭でゴールしました。2着とはコンマ6秒差でした。

レース後の内田博幸騎手は「初めての競馬でしたが、落ち着いていましたし、風格があって大物感があります。競馬は新馬戦ですので、不利をうけないように意図的に出していき、良いポジションで追走できました。道中は折り合いも問題なかったです。勝負どころでも手応え十分で、最後までしっかり走ってくれました。ゴール前では余裕がありました。馬体面でも背中、トモなどはまだまだ良くなりそうで、これからが楽しみです」と話しています。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村