【ルフトシュトローム】募集時期にマイナス評価を下した馬。正坐して観戦。

1月19日(日)

【サンデー】

<牡馬>ルフトシュトローム 、父キンシャサノキセキ、美浦・堀宣行厩舎

中山6レース(芝1600m)内田博幸騎乗

1月16日美浦南のウッドチップコースで追い切られて69.4 -53.8 -39.5 -12.9

イヴ(新馬)馬ナリの外0.2秒先行同入

堀調教師は「本日は調整程度でしたが、良い動きをみせてくれました。デビュー戦から楽しみです」と話しています。

サンデーサラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

このルフトシュトロームは2018年にサンデーサラブレッドクラブからハワイアンウインドの2017で募集されて、人気を集めた。

サンデーサラブレッドクラブで最終第一希望投票109票(サンデーで第4位。全体で第6位)。

ハワイアンウインドの2017の1歳募集時カタログ写真

上の募集時写真を見ると、脚長で好馬体に映る。

掲示板でも騒がれていたため、私も念入りに検討し、このブログでコメントを書いた。

カタログの解説に初めは縦へ成長(体高の伸び)が先行し、現在は横(馬体の幅)へと成長曲線を描いていると書かれ、「ご心配には及びません」と、いき...

父はキンシャサノキセキで、明らかに短距離馬。

脚長馬は中・長距離馬にアドバンテージをもたらす。

(中略)

この馬は、こうしたアンバランスを持っている。

という理由で「出資見送り、とした方が安全」という結論に至った。

距離適性で、短距離か中・長距離かという両極端の問題がネックとなったが、蓋を開けてみれば、マイル(1600m)戦のデビューとなった。

中をとったということなのだろう。

1月9日のクラブホームページに堀調教師の気になるコメントが掲載された。

「スピードがあるので初戦からいい競馬ができそうです。ただ、ハミの左側を強くとるので、対応できるように騎手とよく相談します」

右回りの中山コースでハミの左側を強くとるということは、左にもたれる、つまり外にふくらむ恐れがある。

外枠だとまずい。

そう思って出馬表を見たら、4枠8番だった。

これなら、だいじょうぶ。

馬ごみに入れて、じっとインでがまんさせれば問題はない。

募集時期にマイナス評価を下した馬のデビューは非常に気になる。

正坐して、明日の新馬戦を拝見、といきたいところだ。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村