【ブラウローゼン】1~3戦で勝ち上がれると予想

1月25日(土)

【サンデー】

<牝馬> ブラウローゼン、父ロードカナロア、美浦・尾関知人厩舎

中山 6 レース(芝2000m)マーフィー騎乗

ブラウローゼンの母、ローザブランカは偉い。

ていうわけは、その産駒のほとんどが勝ちあがっているからだ。

しかも、勝ち上がれば、その上にも昇級して、3~5勝の勝ち鞍をあげている。

バンゴール (牝馬、2012年生まれ、父キングカメハメハ) 5勝

トレジャートローヴ (牡馬、2013年生まれ、父ハービンジャー) 3勝

フォースライン (牡馬、2014年生まれ、父ワークフォース) 4勝、中央現役

 ロサグラウカ (牝馬、2015年生まれ、父ルーラーシップ) 4勝、中央現役

 シエラブランカ (牡馬、2016年生まれ、父タートルボウル)

 シエラブランカだけが未出走だが、あとの馬は父がすべて異なっていてもすべて勝ち上がっている。

そして、ブラウローゼンの父もロードカナロアで、この馬もまた上の馬たちと父が異なる。

どんだけ浮気性なんだ(笑)。

バンゴールの父がキングカメハメハで、生涯 5勝を挙げているので、キングマンボ系との相性はいいだろう。

ブラウローゼンの注目点は、何戦目で勝ち上がるか、そして勝ち数をどこまで増やせるか。

この2点だ。

ちなみに上の馬たちが勝ち上がりに要したレース数を調べてみた。

バンゴール:3戦目。

トレジャートローヴ:2戦目。

フォースライン:7戦目。

ロサグラウカ:1戦目。

ロサグラウカのように新馬勝ちした馬もいるから、叩き良化型というわけでは必ずしもない。

ブラウローゼンも1~3戦で勝ち上がれると予想する。

1月22日(水)本馬場で4ハロンから54秒程度で時計を出しています。尾関調教師からは「先週(金)の追い切りで負荷をかけましたので、今日はサラッと追いました。調教を重ねて、徐々に動けるようになっています。あとは歩様に硬さを感じることがあるので、それがレースでどうでるかですね」とのコメントがありました。

サンデーサラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村