【イマジナリーライン】中山2000mの鬼、ジェネラーレウーノにあやかってほしい

1月25日(土)

【社台】

<牡馬>イマジナリーライン、父スクリーンヒーロー、美浦・鹿戸雄一厩舎

中山 6 レース(芝2000m)ミナリク騎乗

イマジナリーラインの兄はG3ユニコーンステークスの優勝馬ストローハット (牡馬、2009年生まれ、父フジキセキ)  だということを、母系図を見て気が付いた。

血統は1本、筋が通っている。

だが、父がスクリーンヒーローに変わって兄とは違うタイプに出たようだ。

2016年生まれの全兄は2歳時に亡くなってしまったようで、父がスクリーンヒーローでどんなふうに変わるのかを検証することができなくなった。

上の写真を見ると、肩が寝ていて、いかにも長距離馬という印象を受ける。

これはスクリーンヒーロー産駒全般にみられる特徴だ。

デビュー戦に選んだ中山 の芝2000mは向くだろう。

タイプとしては、モーリスのようなマイラーではなく、ゴールドアクターやジェネラーレウーノのような中・長距離を得意とする馬か。

故障で休んでいるジェネラーレウーノは中山2000の鬼だった。

この馬もジェネラーレウーノにあやかって、皐月賞コースで真価を発揮してほしい。

1月22日(水)はミナリク騎手を背にウッドチップコースで併せて追い切り、5F68.7-54.5-40.0-12.3秒の時計をマークしています。鹿戸調教師は「ミナリク騎手は操縦性が高くて、いい馬だと言っていました。しっかりと乗り込みを重ねていますし、出走させたいですね」とコメントしています。

社台サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村