顔はブサイクでも勝てればいいんです。自民党総裁選のことではありません。

スポンサーリンク

別に、自民党の元防衛大臣の軍事オタクのI氏のことではありません。

ボク👇のことです。

社台サラブレッドクラブの会員なら、この写真を見て、ボクが誰かは当然、わかるはずです。

知らない?

それでは、ヒント。

1986年の第53回日本ダービー馬。

その年の有馬記念では、前年の2冠馬ミホシンザン、牝馬3冠馬メジロラモーヌ、天皇賞馬サクラユタカオーを抑えて、4歳(馬齢表記は当時)で優勝。

正解はダイナガリバー。

馬産地では「顔に鼻までかかる大流星がある馬は大成できない」というジンクスがあり、境勝太郎調教師もこの馬の顔を見てダメ出しとしたという。

皐月賞では10着の大敗を喫すも、ダービーでは3番人気から巻き返して、田原成貴のグランパズドリームの猛追を半馬身差に抑え、増沢末夫騎手の手綱に導かれて優勝した。

3着が無冠の帝王アサヒエンペラー、4着ラグビーボール。

ほかにもセントライト記念優勝馬レジェンドテイオーなど、この年のダービーは多彩な顔触れで、オールドファンを欣喜雀躍させる。

実は、このダイナガリバーが勝ったダービーを東京競馬場で私は見ていた。

いや、正確には、東京競馬場にいた。

馬券を買ったのがレース直前のギリギリだったので、観覧席に向かったときには、大群衆の人の山で、レースを見れなかった。人垣の後ろで、歓声だけを聞いていた。

この年のダービーで、もう一つ、印象深いのは、「あの人」の予想が珍しく的中したことだ。

スイフト原作の「ガリバー旅行記」では、ガリバーは小人の国や馬の国など、架空の国を旅する。そのなかで唯一、実在の国として日本にやってくる。

「あの人」は「ガリバー旅行記」を調べて、ガリバーが日本に到着するのが、5月25日であることを突き止める。

そして、1986年の第53回日本ダービー施行日が同じ5月25日であることから、ダイナガリバーに本命の◎を打った。

結果はご承知の通り。

まさに、快心の予想だ。

「あの人」とは、我らの井崎脩五郎先生である。

コジツケでも、ここまでくると、快哉の声と拍手を送ってしまう。

大流星のブサイク顔ながら皆に愛されたダイナガリバーは、2006年に私がノーザンホースパークを訪ねたとき、元気な顔を馬房から覗かせていたが、2012年4月26日に29歳で亡くなった。

全国のイケメンになれなかった男たち(私はもちろんこの中に含まれるor含まれない)を勇気付けた個性的な名馬、ダイナガリバー。

オールドファンならずともこの馬の名前を忘れてはいけない。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする