【ヴェルトライゼンデ 】ついにやってきた新馬戦。震えて待て。

9/1(日)

【サンデー】

<牡馬> ヴェルトライゼンデ 、父ドリームジャーニー、栗東・池江泰寿厩舎

小倉 5レース( 芝1800m)川田将雅騎乗

いよいよ、私の2018年第一希望馬(落選)が堂々デビューする。

メディアを通して流れてくる評判はいい。

1歳募集時の馬体写真はここ5年でナンバーワンといってよい。

一般的に、馬体がいい=レースパフォーマンスがいい

この公式がときにゆらぐことがある。

特にハーツクライ産駒が顕著だ。

しかし、馬体を信じずして何を信じればいいのか、という反論というか、煩悶(はんもん)がある。

もちろん、ヴェルトライゼンデの場合は血統もいい(兄がG1皐月賞2着馬ワールドエース)、厩舎もいい(池江泰寿厩舎)。

3つ揃っている馬はなかなかお目にかかれない。

2018年クラブ募集時人気1位も当然だ。

父のドリームジャーニーを悪く言う人もいるが、今日の札幌2歳ステークスでゴールドシップ産駒のブラックホールの勝利を見て、やはりステイゴールドの血を受け継ぐものは違う。そう実感した。

サンデーサイレンスの血脈の継承者はディープインパクトではなく、ステイゴールドの流れではないか。

ドリームジャーニーの子どもから大物が出る予感がする。

明日のヴェルトライゼンデの新馬戦。この馬のファンたちに告ぐ。

震えて待て。

8月28日(水)は坂路コースで水口騎手を背に併せ馬を行い、54.1-39.1-24.7-12.0の時計をマークしました。調教助手は「初戦から動けそうな状態に仕上がっています」

サンデーサラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村