【デイリー杯クイーンカップ】草魂(そうこん)/クロノジェネシス&北村友一をこれからも応援します。

クロノジェネシス、道中かかり気味も懸命に北村友一騎手がなだめて、直線、末脚を爆発させて勝ちました。
北村騎手は今年(2月3日終了現在)リーディング9位(11勝)も、早くもダノンスマッシュでGⅢシルクロードステークスを優勝し、波に乗っている。
いよいよクロノジェネシスでGⅠ獲りに本腰が入る。
同騎手は今まで一流ジョッキーの仲間からは外れ、2番手扱いという印象を受けた。
今年はこれまでのイメージを一掃して化けることを期待する。
お手馬のクロノジェネシスも地味なバゴ産駒で、1口35万円牝馬ということからもわるように、決して良血とは言えない。
このような馬が2歳牝馬GⅠ2着に続いて、3歳牝馬GⅢ優勝と、桜花賞に向けて着々と力をつけていることは、痛快ですらある。
かつて近鉄バファローズの鈴木啓示投手が地味だけれど、踏む付けられても根性で跳ね返し、踏みつけた相手を叩きのめす心意気を自ら草魂(そうこん)と名付けた。
クロノジェネシス&北村友一のコンビもまさに草魂と呼んでいい。
重賞はディープインパクト産駒の良血馬が常に勝ち、お立ち台のインタビューはいつも外国人ジョッキーのたどたどしい日本語、というのでは競馬は面白くない。
今年の3歳クラシック戦線は、牡馬牝馬ともスター性のある馬が未だ現れずに、今いま一つ盛り上がりに欠ける。だからこそ、このコンビにもっと活躍してもらって、クラシックに新風を送ってほしい。
クロノジェネシス&北村友一をこれからも応援します。

ブログ主の成績はYouTube、「獲得賞金8千万円‗1口馬主、全成績を丸裸にする」をご参照ください。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村