ヴァンランディ、ハッピーパスの仔でコディーノ、チェッキーノに次ぐ3頭目の重賞級となるか/11月4日(日)サンデー出走新馬

スポンサーリンク

<牡馬>ヴァンランディ、父キングカメハメハ、美浦 ・藤沢和雄厩舎
東京6レース(芝1800m)Cオドノヒュー騎乗

ヴァンランディの母はハッピーパス。

この繁殖牝馬はクラブおなじみと言っていいだろう。

上の全きょうだいコディーノ、チェッキーノともにキングカメハメハと相性がいい。

姉シンコウラブリイ⇒妹 ハッピーパス⇒仔のコディーノ、チェッキーそして本馬ヴァンランディと繋がる藤沢ブランドの血脈の決定打となることを期待されてデビューする。

10月31日(水)のポリトラックコースでの追いきりは2番手追走から3頭併せで追われ、ゴール前で併入。藤沢厩舎の助手は

「ウッドチップコースは時計がかかる馬場でしたので、ポリトラックコースで追い切りました。今週末、本日と先週に比べて動きは良くなっています。態勢は整っています」との談話。

最後に蛇足を付け加えると、以前、このブログでクラブのキングカメハメハ産駒は1口価格が高い馬が結果を残しているとの指摘をした。

コディーノは1口150万円。対するヴァンランディは1口125万円と25万円安くなっている。これは馬の出来落ちというよりも、1998年生まれのハッピーパスの18歳の時の仔。母高齢になると、良血でも1口の価格は下落する。

最近では、高齢の母の子どもも走っているので、杞憂だろう。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする