【3頭に絞られた】サンデー、社台、G1第二次募集

(1)前回までのおさらい

前回、サンデー、社台、G1第二次募集馬のうち当たり馬の候補として4頭に絞った。

選考方法は以下の手順を踏んだ。

①測尺から3条件(胸囲172cm以上、管位20cm以上、体重420~455キロ)を設定して、このうち2条件以上合致するものを選ぶ。

②①の条件にあてはまるもののうち、牝馬と良血で上が期待外れに終わった牡馬。

③さらに、馬体重が 469 キロと重すぎる外)ターフドンナの18と体高が 160.0 cmで将来大きくなりすぎるリスクがある外)ミノレットの18 を消した。

残ったのは4頭。

今日はさらに1頭を消す。

(2)動画で歩様をチェックする

実は、ここまでの選考はいずれも測尺だけから判断し、馬体写真や動画、血統、厩舎などを一切考慮にいれなかった。

それは、なるべく主観を排して、客観的なデータだけから馬選びをするとどうなるか、というある種の実験的な試みをとったからだ。

馬選びで写真も動画も参考にしない。

これはあんまりだ。

だから、今回は動画をチェックして、主観的な判断から選馬をしてみた。

今回のターゲットはコレクターアイテムの18 だ。

ご覧の通り、写真の立ち姿は威風堂々としており、牝馬らしからぬ迫力あるボディーの持ち主だ。

ところが、歩かせてみると、歩様の悪さに驚いた。

前脚の歩幅が狭い。

他の馬、サンデーサラブレッドクラブで本年度募集にかけられたマトリョーシカの18と比べて見るとわかる。

コレクターアイテムの18の歩き方は窮屈な印象を受ける。

サラブレッドは前脚で掻き込んで走る。

だから、前脚の歩幅が小さいということは、可動域が小さいことを表している。

これではいっこうに前に進んでいかない。

歩幅が小さくてもピッチ走法で走る馬がいる。

このような馬は、歩幅が狭くても脚の回転が速いために、推進力を得ることができる。

ドリームジャーニーやアストンマーチャンなどがこうしたタイプだ。

だが、ドリームジャーニーの歩様を見ると、足さばきは軽くてしなやかだ。https://youtu.be/1PjGBsckXZI?t=1

コレクターアイテムの18のそれは固くてぎこちない。

(3)コレクターアイテムの18は消し

G1サラブレッドクラブの先行受付け、第二次募集馬の名簿を見ると、オレンジ(残り口数が5口以下)や黄色(残り口数が6口~10口)で残口わずかの馬が示されているが、 コレクターアイテムの18はこの印がない。

また、netkeiba.comの掲示板書き込みもわずか1件だけだ。

この馬は全く人気がないのも頷ける。

会員はよく見ている。

コレクターアイテムの18は迷わず消しだ。

これで、当たり馬の候補は3頭になった。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村