【アクアミラビリス】オークス・レース後コメント

社台サラブレッドクラブ所属のアクアミラビリスは5月19日(日)東京11R・オークス(G1・芝2400m)に藤岡佑介騎手で出走し、8着でした。

レース後、社台サラブレッドクラブのホームページに掲載された藤岡騎手と吉村
圭司調教師のコメントを以下に再掲させていただきます。


藤岡佑介騎手:「スタート出て一瞬ハミを取りかけたけど、そのあとはスムーズに折り合っていけました。直線に外へ出してからは手応えよく伸びてくれたのですが、残り300mでフワッとしてしまいました。体はフックラして状態は良かったので、距離がさすがに長かったのだと思います。きょうの感触では2000mまではもつと思います」
吉村圭司調教師:「体は戻っていい状態だったと思います。このあとは栗東TCには返さず、直接山元TCへ放牧に出て休養させることにします」

アクアミラビリスの姉のクイーンズリングはG1エリザベス女王杯(2200m)に優勝していますが、父はマンハッタンカフェ。

この馬はヴィクトワールピサ産駒なので、やはり距離は長かったのでしょう。少し休養して、秋の秋華賞をめざしてください。