ブーケオブジュエルは、募集時ふっくらしていい馬体。

<牝馬>ブーケオブジュエル 、父キングカメハメハ、美浦 ・国枝栄厩舎

中山4レース(ダート1800m)マーフィー騎乗

ブーケオブジュエルの母、ザッハーマイン(父、Mineshaft マインシャフト)

は中央、地方のダート短距離で荒稼ぎして、通算23戦10勝 [10-5-2-6]。

獲得賞金は中央で5,392万円 。地方で7,215万円 。合計1億2000万円以上をくわえてきた。

だから娘も当然のようにダートでデビュー。

父がキンカメだから、距離は少し延びて1800m。


ブーケオブジュエルの1歳カタログ写真(募集時の名前はザッハーマインの2016)を上に掲げたが、腹袋は大きく、良質な筋肉をまとってい、てこういうの好みです。

ダートで母親譲りの活躍をしてくれるのではないでしょうか。

1月9日(水)はマーフィー騎手がウッドチップコースで自ら調教をつけてくれました。

調教後の同騎手のコメントです。

「馬のコンディションは良さそうでしたが、今日は馬場をしっかりと掴めていない感じの走りでした。ダート1800m戦は合っていそうですし、楽しみにしています」(クラブホームページより)

このデビュー戦には、同じ社台サラブレットクラブのキングカメハメハ牡馬 ヘッドオブステートが出走することになっています。

ダート混合戦で牡馬相手にどれだけやってくれるか。

期待と心配が合い半ばです。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

一口馬主ランキング