【フィアレスハート】社台ファーム×藤原厩舎は王道

<牡馬>フィアレスハート、父ハーツクライ、栗東・藤原英昭厩舎

京都6レース(芝2000m)岩田望来騎乗

フィアレスハートの母父は Storm Cat。

これを見て、考えた。

ディープインパクト×Storm Catはニックス。

この組み合わせで数多くの活躍馬を出している。

だから、フィアレスハートの母 ハートシェイプト はディープインパクトとつけるために買ってきたのだろう。

母系血統表を見ると、案の定、ハートシェイプトの初仔はディープインパクトとの間で生まれたペイフォワード(2015年生まれ、牝馬)。

この馬は2016年に社台サラブレッドクラブから1口90万円(総額3600万円)で募集されて、5戦0勝 [0-1-0-4]。

要は、走らなかった。

出来が悪かったから、今度はハーツクライで試してみた、というところが本音だろうか。

それでは、ディープインパクトとStorm Cat がニックスだということなら、同じサンデーサイレンス系でハーツクライではどうか。

ていうか、そもそもハーツクライとニックスなのは、何系か?

調べてみました。

netkeiba.com でハーツクライ産駒の獲得賞金ベスト10の馬と母父を並べてみたら、下記のようになりました。

シュヴァルグラン(牡馬、Machiavellian =ミスタープロスペクター.系)

スワーヴリチャード(牡馬、Unbridled’s Song =ファピアノ系)

リスグラシュー(牝馬、 American Post =ネイティヴダンサー系)

ジャスタウェイ(牡馬、Wild Again =ニアークティック系)

ウインバリアシオン(牡馬、Storm Bird= ノーザンダンサー系)

ヌーヴォレコルト(牝馬、スピニングワールド = ノーザンダンサー系)

フェイムゲーム(セン馬、アレミロード =リボー系)

ワンアンドオンリー(牡馬、タイキシャトル =ヘイロー系)

カレンミロティック(セン馬、A.P. Indy=シアトルスルー系 )

アドマイヤラクティ(牡馬、エリシオ= ノーザンダンサー系)

う~ん。実にバラバラ。

傾向がつかめない。

ノーザンダンサー系が3頭入っていますが、ノーザンダンサー系はいまや血統の主流。

枝葉を大きく広げていて、ノーザンダンサー系の中でも、どの系統と相性がいいのか、先に挙げたように、たとえばディープインパクトならStorm Catといったように特定できなければ、使えません。

私がハーツクライ産駒にこれまで1頭も出資しなかったのは、馬体選びの難しさに加えて、このように血統論が確立できなかったことにもよります。

お前の血統論など聞きたくない。問題は、この馬(フィアレスハート)が走るか、走らないか。この1点。

わかりました。お答えしましょう。
社台ファーム×藤原厩舎の組み合わせは、活躍馬輩出の王道です。
今まで、エイシンフラッシュ、トーセンラー、ローマンレジェンド、ミラクルレジェンド、フィエロなど、芝、ダート問わず、クラシックからマイルまで多士済々の顔ぶれです。
社台サラブレッドクラブからはデアリングハート、タスカータソルテなどの活躍馬が出ています。
藤原厩舎はまさに社台御用達と言っても過言ではない。
フィアレスハートもその例に漏れず、活躍馬の仲間入りを果たすでしょう。

君の挙げたデータはどれも古い。う~ん。我田引水かな。ちょっと。

(>3<)ブー

1月29日(水)はCWコースで追い切られ、6ハロン83.7-68.1-52.8-39.3-12.6のタイムでした。本格化はまだ先かもしれませんが、十分すぎるほど調教は積んできましたし、実戦でどんな走りを見せてくれるのか注目しています。

社台サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村