今年は重賞獲るぞ。長いトンネルを抜けるとそこは。。。

新年あけましておめでとうございます。

本年もさらに気合を入れてブログを更新しますので、宜しくお願い致します。

新年の抱負を今日は書いてみます。

私の出資馬は2014年ジェンテイルドンナがG1有馬記念を優勝して以来、4年以上重賞を勝っていません。

重賞どころか、オープンにも行っていません。

未勝利や未出走で終わるか、勝ちあがっても500万下の下級条件をウロウロするだけで、維持費がかかり、毎年、大幅赤字を計上しています。

この4年間のトンネルは長い。


さて、ここで問題。

長いトンネルを抜けるとそこは、どこだったでしょうか?

①雪国 ②断崖絶壁 ③重賞競走のゴール ④またトンネル

正解はあなたの想像の頭の中にあります。

負け犬根性がすっかり根付いてしまい、敗北感に打ちひしがれる日々が続いています。

去年の愛馬2頭(ドナウデルタ、ペルクナス)が未勝利、新馬を早々に勝ちあがってくれて、2017年出資馬の勝ち上がり率100%(と言っても2頭ですが)を初めて経験しました。

気持ちは少し上向いた状態で2019年の年明けを迎えています。

でもって、今年の抱負ですが、ドナウデルタ、ペルクナスのどちらかに重賞を勝ってもらいたい。

すでにドナウデルタの次走が1月6日のシンザン記念に決まっています。

麻雀でいえば、テンパイの状態で、ここでツモあがればいいのですが。

積年の敗北感の暗雲を早く振り払って、心は快晴! でこの一年を過ごしたい。

これが2019年のトンボの眼鏡の抱負になります。

愛馬とともにこのブログも盛り上がっていきたい。

最後に、みなさんのこの一年が実り多き1口馬主ライフでありますように。

みなさんの愛馬が重賞競走に出走できますように。

そして、優勝メダルを授与されますように。

心から祈念します。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング