【ラフリッグフェル】新馬戦レース後のコメント

社台サラブレッドクラブ所属のラフリッグフェルは7月6日(土)函館6R・ダート1000m出走し7着でした。

スタートでの出遅れがすべて。

1000mは難しいね。

馬もまだレースがわかってないみたい。

それを促してレースを教えるほど騎手は熟練していない新人ジョッキーだから、今回はきつかった。

今日の敗戦はなかったことにして、また明日から1つ1つ競馬の基礎を馬に教え込んで積み上げていってもらいたいと思います。

亀田騎手と寺島調教師のレース後コメントをクラブホームページから再掲させていただきました。


亀田騎手;「ゲートの中では大人しくしていましたが、ゲートが開いた音に敏感に反応して遅れてしまいました。道中もまだトモが入ってこない感じで、忙しい感じになってしまいました。ただ終いまでしっかりと走れていましたし、もう少し距離を延ばしてもいいと思います。」

寺島調教師;「メンバーも手頃とみて初めはこの条件から使いましたが、ゲートで遅れを取ったとはいえ、さすがに1000mでは忙しかったかもしれません。この後はいったん社台Fへ放牧に出し、札幌開催のダート1700m戦に照準を合わせていきたいと考えています」

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村