【デュアルネイチャー】新馬戦のレース後コメント

G1サラブレッドクラブ所属のデュアルネイチャーは7月6日(土)福島・新馬戦(芝1800m・牝馬限定戦)にデビューし勝ち馬から0.4秒差の4着でした。

この馬はやはり目立ちますね。

位置取りがどこにつけているか、すぐにわかる。

シャドーロールと大流星が交差して、白い十字のマスクを被っているように見える。

今回はデビュー戦とあって、口を割ってしまい、折り合いにかける面をみせた。

それが最後の直線で弾けなかった原因だろう。

それでも大健闘の4着。

次走はさらに順位を上げてくるに違いない。

内田騎手と国枝調教師のレース後のコメントをクラブホームページから引用させていただきました。


内田博幸騎手:「競馬を教えながらも、勝ちに行くレースをしました。初めてのレースでしたし、まだ精神面で分かっていないところがあるのでしょうか。それでも反応はしてくれましたし、レースを使いながら、良い意味で変わってきそうです」
国枝調教師:「デビュー戦としてはしっかりと走れていました。欲を言えば、終いでもうひと伸びして欲しかったところです。3着馬には調教では一度も負けたことはなかったのですが…」

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村