【フォールクヴァング】新馬戦レース後コメント

G1サラブレッドクラブのフォールクヴァングは9月7日(土)阪神・新馬戦(芝1400m・牝馬限定戦)に北村友一騎手で出走し、9着でした。

フォールクヴァングが出走した阪神4レースの新馬戦(芝1400m)には、ほかにサンデーサラブレッドクラブのフェアレストアイル(1着)とG1サラブレッドクラブのクレドラネージュ(7着)が出走していた。

JRAのレーシングビューアーをスローで見たが、スタートが違った。

勝ったフェアレストアイルと敗れたフォールクヴァング、クレドラネージュとはスタートしてすぐに2馬身、3馬身の差ができてしまった。

これでは芝1400mはなかなか勝てない。

勝ったフェアレストアイルの父ディープインパクトと本馬フォールクヴァングの父ノヴェリストの差はいろいろあるかと思うが、大きな違いはこの違いなんだと思う。

厳密にいうと、父馬というよりもフェアレストアイルの母系のスピード値が断然秀でていたということなんだろうけれども。

愚痴っぽくなってしまったが、何を言いたいかというと、芝1400mというカテゴリーでは、フォールクヴァングはフェアレストアイルと何回やっても勝てない。

ならば、別のカテゴリーに移って土俵を変えるしかない。

続戦を検討しているという調教師のコメントだが、次走はもう少し距離を伸ばしてみてはどうだろうか。

「使いつつもっと良くなってくると思います。小柄ではありますが、コロンとしていて、まだ余裕があるように感じました。センス自体はありそうですし、いいものを持っていますが、もう少し経験も必要ですね。直線で怯むところがありましたし、道中も周りに気を遣いながら走っていました。このあたりが改善されれば、グンと反応も良くなるでしょう。距離に関してはこれくらいか、マイルが合いそうです」(北村友一騎手)
「周りを気にしていましたし、追ってからの反応が少し鈍い感じもしました。調教ではちょうど動きも良くなってきていました。使いつつさらに上向いてくるでしょう。優先権はありませんが、反動が見られなければ、このまま続戦することも考えていきましょう」(高橋康之調教師)

G1サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村