【スパニッシュアート】新馬戦レース後コメント

G1サラブレッドクラブのスパニッシュアートは8月18日(日)新潟・新馬戦(芝1600m)に武藤騎手でデビューし8着で入線でした。

厳しい結果となりました。

スタートや道中、ラストの脚など多くの課題が残ります。

やっぱりフェノーメノ産駒は問題ありなのかな。

ステイヤーの血だから、長距離で見てみたいです。

武藤騎手:「大変申し訳ありませんでした。ペースが落ち着いてしまい、最後はフラフラとしながらも脚を使ってくれましたが、あの位置からでは厳しかったです。ゲートは浮いて出る感じで、スタート後は気を遣いながら走っている印象です。まだこれから変わってきそうな感じはあります」
戸田調教師: 「もっとスタートから出していき、ハミを掛けてから抑える競馬をして欲しかったのですが…。新馬戦でスローペースというのは分かっているのに、直線だけの残念な競馬となってしまいました。フラフラとしながらも伸びてきていますが、あそこからでは勝負に加われないですね。早生まれですがまだ変わってきそうな馬ですし、今後に期待してください。暑さがこたえているような感じはなく、レース後の飼食いなどを見ながらですが続戦も視野に入れており、距離は1800mくらいあってもいいのかもしれません」

G1サラブレッドクラブの公式ホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村