クロノジェネシス/【1口馬主は無理のない出資額でうまく遊ぶ】ホントそう思います。

阪神ジュベナイルフィリーズ、応援したクロノジェネシスは惜しくも2着。

でも、がんばった。

北村友一騎手のG1初戴冠とはならなかった。

2番人気で2着だから、よく健闘した。

北村友一騎手には、次こそ悲願を達成してもらいたい。これからも応援してゆきます。

このクロノジェネシスは姉妹ブログ「相馬の梁山泊」で去年(2017年6月13日)の記事、「サンデーサラブレッドクラブ/安くて、いい馬(牝馬編)」でお勧めした馬だから、思い入れがある。

https://ameblo.jp/aromacandle777/entry-12283345746.html

当時の記事を読み返してみて、いくつか予想が外れたことがある。

まず、上の記事では、クロノジェネシスと同じバゴ産駒の牝馬、オウケンサクラの例を挙げて、クロノー―の走法を

「軽快に逃げたり、うまく前めのいいポジションを取ってしぶとく粘る、という競走スタイル」

と予想したが、ぜんぜん違った。

あんなに後方から行って、早い上りの脚を使うとは想像もつかなかった。

もっとも、 阪神ジュベナイルフィリーズは逃げ・先行馬が殺到してテンが早くなったから、追い込み有利に働き、位置取りは後ろから2頭目。

あれで正解だった。

そして、推薦してみたものの、この馬の活躍は正直なところ半信半疑で「35万円が惜しくないというギャンブラーが突撃する馬」という微妙な評価を下した。

それが、蓋を開けてみて、2歳G12着。

35万円が惜しいか惜しくないかは措(お)いといて、出資者のみなさん、ギャンブルが成功しましたね。

1口馬主は無理のない出資額でうまく遊ぶ、これが秘訣です。

偉そうに書いておきながら、私はメイチに背伸びして無理して見栄張って出資して、青息吐息です。

この馬からは、大事なことを教えてもらいました。

クロノジェネシスの今後の末永い活躍をお祈りします。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング