【ヴィアメント】新馬戦レース後「いい馬ですね」福永騎手談

社台サラブレッドクラブのヴィアメントは8月11日(日)札幌5R・新馬(芝2000m)戦に福永騎手54kgで出走して5着に敗れています。

レース後のコメントでふだんは辛口でなかなか馬を褒めないの福永騎手から「いい馬ですね」との第一声が飛び出した。

レースはうまく好位を追走して、勝負所で動いてレースを作った。

上位の3頭にそれよりうまく立ち回られてしまって、結果は馬券圏外だけれど、悲観する内容ではなく、先を感じさせた。

482キロの大型馬体なので、もし芝がだめでもダートに転向して展望が開けるという印象を持った。

もちろん、芝で勝ち上がって、クラシック路線に進めれば言うことはないが。

次走の変わり身に注目したい。

福永騎手:「いい馬ですね。返し馬で耳をずっと動かしていたので気性を心配したのですが、レースでは真面目に走っていました。メンタルをこじらせないよう、あまり攻めてなかったのでしょう。今日は動けなかっただけで、これで変わってくると思います」

鹿戸調教師:「気性を考慮してソフトな仕上げで臨みました。心配していたゲートを出てくれたのは良かったです。母ダイワズームは勝ち上がるまで時間を要しましたが、力をつけてからはポンポンと勝ってくれました。本馬も奥がありそうですし、これからの成長が楽しみです。今夜、函館競馬場に戻します。レース後の状態をみて今後の予定を立てたいと思います」

社台サラブレッドクラブの公式ホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村