【ブリックスアンドモルタル】成功が約束された血統

8月10日に行われたアメリカG1アーリントンミリオン(芝2000メートル)に勝利したブリックスアンドモルタルを社台ファームが購入したことをアメリカ競馬専門紙「blood horse」電子版が報じた。

来年から社台スタリオンステーションにてスタッドインする。

https://www.bloodhorse.com/horse-racing/articles/235177/bricks-and-mortar-dominates-arlington-million

ブリックスアンドモルタルはアメリカの芝G1を4勝している。

ペガサスワールドCターフ(芝9.5F)

ターフクラシックS(芝9F)

マンハッタンS(芝10F)

アーリントンミリオン(芝10F)

この戦績に加え、父は日本でもおなじみのジャイアンツコーズウェイ(Giant’s Causeway)で、G1マイルチャンピオンシップを勝ったエイシンアポロン(牡馬、2007年生まれ)を出している。日本の芝適性は明らかで、ブリックスアンドモルタルがその産駒であれば、いよいよ期待が膨らむ。

血統表から見たブリックスアンドモルタルの押し材料はStorm Bird の3×3のクロスを持つことだ。

Storm Birdは産駒のStorm Catを通してタバスコキャット、ジャイアンツコーズウェイ、ヘネシー、日本で活躍する多くの種牡馬を輩出した。Storm Cat産駒のシーキングザダイヤは芝、ダート兼用だったように、この血統は芝馬ばかりではなく、ダートの大物を出すこともある。

ディープインパクトを失った社台グループはすかさず次の一歩を踏み出した。

落胆ばかりしていないで、機敏に次の一手を打つのはさすがだ。

ブリックスアンドモルタル産駒がクラブで募集されたら、必ず出資しようと思う。

どんな子が送り出されるか。今から待ち遠しい。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村