【アクロスティック】母系は優秀。レース当日の馬体重に注目。

1月26日(日)

【社台】

<牝馬>アクロスティック、父ストロングリターン、美浦・武市康男厩舎

京都 6 レース(芝1600m)Mデムーロ騎乗

アクロスティックの母ベアトリッツ(2010年生まれ、父ディープインパクト)は011年にグリーンファーム愛馬会から1口:15万円(総額3000万円、200口)で募集された。

ワンカラットの下で、妹は桜花賞馬のジュエラー。

良血なのになんでグリーンファームから? と当時、いぶかしく思ったことを覚えている。

真相は、小さかったから。

1口馬主DBによると、ベアトリッツの獲得金累計は4,455 万円、回収率指標は149 %(いずれも控除前)。

控除を含めれば、元は取れていないが、安い馬代でそこそこ遊べた。

そういう意味でグリーンファームらしい募集馬だった。

そのベアトリッツの娘が社台から1口40万円で2018年に募集されて、明日デビューを迎える。

おばのワンカラットの娘ワントゥワン (牝 2013 黒鹿毛 ディープインパクト)は 5勝していて、 関屋記念(G3)、京成杯オータムH(G3)、富士S(G3) と重賞2着が3回もある。

このアクロスティックの母系は牝馬が走る傾向にある。

父がマイラーのストロングリターンという組み合わせで、なかなか面白い配合。

ディープインパクト産駒は小さく出る傾向にあり、ベアトリッツもその例に漏れなかった。

一方、ストロングリターンもその父のシンボリクリスエスも500キロ以上もある馬格が大きな馬。

配合の狙いとしては、大きい馬を出す(小さい馬を避ける)というところなのだろう。

気になるのは、アクロスティックの馬体重だ。

201910月28日の時点で436kg。

やや小ぶりなのが心配だ。

3か月経って、どれだけ成長したか。

レース当日の馬体重に注目したい。

1月22日(水)は坂路コースで半マイル52.7-39.3-26.0-12.7秒を単走にてマークしました。飼葉の食いはよく、仕上げの過程で体を減らさずに維持することができました。武市調教師は「ハミをしっかりと取れるようになってきました。ひと追いごとに良化を感じています」と話していました。

社台サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村