【チェリーヒロインの18】社台サラブレッドクラブ募集馬2019検討会

社台サラブレッドクラブで募集されている、ブルードメアサイアーがキングカメハメハの馬を1頭ずつ検討しています。

本日はチェリーヒロインの18です。

(1)チェリーヒロインの18の基本データ

2017年から初年度産駒が 走りはじめたストロングリターンの子どもたちを集めてみた。

募集は去年(2018年)から。

ストロングリターンは2006年生まれ、父シンボリクリスエスで、オーナーズから募集され、G1安田記念を優勝したマイラーだ。

1口30万円は1/40のクラブでは、かなり安い価格帯に属する。

上の表は社台、G1の各サラブレッドクラブから募集されたストロングリターン産駒だが、どの馬も低価格帯に属する。

チェリーヒロインの18を管理する和田正一郎調教師は2009年に開業して、今年で11年目になる中堅のホースマンである。

成績は2016年の22勝(リーディング53位)が最高で、2019年は9勝(リーディング62位)(6月9日現在)だ。

中山グランドジャンプ(J・GⅠ)を4連覇し、障害重賞競走で11連勝の新記録を樹立し、有馬記念にも出走したオジュウチョウサン(牡馬、2011年生まれ、父ステイゴールド)で去年ブレイクした。

サンデーサラブレッドクラブ所属の管理馬ルミナスウォリアー(牡馬、2011年生まれ、父メイショウサムソン)でG3函館記念を優勝している。

母馬のチェリーヒロインも管理していて、この馬は4勝して準オープンまで出世している。

(2)チェリーヒロインの18の血統評価

Mr.Prospectorの4×4(12.50%)、Hail to Reasonの5×5(6.25%)、
Northern Dancerの5×5(6.25%)


チェリーヒロインの18の近い世代に活躍馬はいないが、曾祖母のエイプリルソネットの一族にミリオンディスク(G3カペラステークス)、アムールポエジー(JPN2関東オークス)などがいる。

母系にはキングカメハメハ、サンデーサイレンス、ノーザンテーストと社台、サンデーの足跡をたどるような血がブレンドされている。

安田記念に良績があるストロングリターンの血がミックスされることで、この母系が覚醒されるか。

そこで、クラブから募集されたストロングリターン産駒の測尺を表にしてみた。

(3)1口馬主クラブから募集されたストロングリターン産駒の測尺比較

社台とG1から去年、今年で合計4頭のストロングリターン産駒が募集された。

1歳募集時の測尺の理想として胸囲172cm以上、管位20cm以上、体重420~440キロの基準を以前に示した。

前回、「【今年の選馬は客観的なデータ重視でいく】社台・サンデー2019年募集検討会 」の記事で今年の選馬の方法を書いた。 ...

「【母父キンカメ産駒まとめ】結局どの馬がいいのか/データで絞る 」

ストロングリターン産駒はどの馬も体重が軽く、小さくでている。

ストロングリターン自身は現役時、500キロを超える馬体重でレースを走っていたので、この数値はちょっと不思議だ。

理想の420キロ以上からはほど遠いが、それでもチェリーヒロインの18はこの4頭の中で体重が一番ある。

4月の遅生まれなので、成長力で挽回できる可能性は大だろう。

チェリーヒロインの18が何より素晴らしいのは胸囲。

76cmは理想の172cm以上をはるかに突破している。驚異の胸囲だ。

バルーンなみの肺活量を誇る強力エンジンを搭載していることの証(あか)しとなる。

(4)クラブから募集されたストロングリターン産駒の写真を比較

この4頭のなかで一番好みはコレクターアイテムの17(アシュモレアン)だ。

胸前とトモにほどよく筋肉がつき、メリハリのある馬体はかっこいい。

この4頭のなかで、チェリーヒロインの18の大きくふくらんだ腹袋はひときわ目を引く。

これが母父キングカメハメハの影響を強く受けている証拠だ。

トモ高の体型で、前後のバランスが悪いのはこの時期の若馬の特徴。成長とともに解消するから気にすることはない。

チェリーヒロインの18の馬体写真を見る限り悪くはない。

(5)チェリーヒロインの最終評価

ストロングリターンの初年度産駒が2017年にデビューをして、今年は3年目になる。

これまで重賞勝ち馬はなし。

特別競走を勝った馬は2頭。1000万下特別の恵那特別(ダート1200m)を勝ったヤマニンレジスタと中山の2歳馬オープン特別カンナステークス(芝1200m)を勝ったペイシャルアス。

このペイシャルアスとシンザン記念を2着して桜花賞にも出走(9着)した3歳のツヅミモン(その後に故障を発生して抹消)などから、ストロングリターン産駒は2歳、3歳の早い時期から始動できるのは強みだ。。

父のストロングリターンは全7勝のうち1600m戦を5勝した典型的なマイラーだったが、産駒もその豊かなスピードを受け継いでいるようだ。

社台サンデーサラブレッドクラブから募集され、血統的にもどちらかといえば地味なチェリーヒロインの18はおそらく売れ残るだろう。

その後の成長を見て、来年まで残っていれば1口いく手もありかもしれない。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村