【祝】フィエールマン菊花賞優勝からわかった1口馬主の必勝法。

スポンサーリンク

フィエールマン菊花賞制覇おめでとうございます!
出資者のみなさん、高配当の馬券をゲットしたファンの方、やりました!!
このフィエールマン(募集馬名リュヌドールの2015)は、なんと第一次募集で売れ残っていた。
厳しい言い方をすると、会員に見る目がない!
実は、私は姉妹館のブログ「相馬の梁山泊」の2016年7月1日の記事で、この馬を「脚が長いために、重心が上に偏っている。こうしたバランスの悪さは得てして故障の原因になる。」として要注意馬であることを指摘していました。

ただし、「520キロより大きくなるとさらに故障の危険は増す」という留保をつけてのものでしたが(菊花賞時のフィエールマンの馬体重は480キロ)。

https://ameblo.jp/aromacandle777/entry-12176258668.html

フィエールマンに対しては、あまり芳しい評価をしていなかった事実は隠しようもありません。

さらに厳しい言い方をすると、会員以上に私に見る目がまったくない!!

懺悔して反省したいと思います。

低評価の理由は、重心が高いこと。言い換えると、脚が長いこと。

これをバランスが悪く故障の原因として短所と捉えるか、推進力の原動力として長所と捉えるかは180度異なります。

今日のフィエールマン菊花賞でわかったのは、募集時に脚が長いことは、大型馬でない限りプラスに評価すべき、ということです。

6月8日現在のフィエールマン(リュヌドールの15)の馬体重は402キロ。

これぐらいは許容ということがわかりました。

この「脚長おじさんを狙え!」(“おじさん”じゃねえし)という作戦はこれから使えます。覚えておくと損はないはずです。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング