ランブリングアレー新馬戦を根性勝ち! ブルーミングアレーの子から本物が現れた。

ランブリングアレーの祖母プリンセスオリビアはトーセンラー (2008年生まれ、父ディープインパクト、マイルチャンピオンS優勝) 、スピルバーグ (2009年生まれ、父ディープインパクト、天皇賞(秋)優勝) のG1馬2頭を世に送り出した名繁殖牝馬。

だから、プリンセスオリビアの娘のブルーミングアレーにも繁殖牝馬としての期待が高まっていた。ブルーミングアレーは現役時代、上り34.0台の切れ味をコンスタントに記録していて、さらにディープインパクトとの相性もいい。

ディープの「飛びます飛びます」の切れ味と合わされば、どれだけカミソリが切れるんだろう。

そんな夢想をしながら、ブルーミングアレーの子どもたちを眺めていた。ところが、 3番仔のフロレットアレー (牝馬、2012生まれ、父ディープインパクト) 、4番仔のトルネードアレイ (牡馬、 2014年生まれ、父ディープインパクト)  はいずれも1勝してその後は低迷している。

こんなはずじゃない。そう思いながらも、ブルーミングアレーの子どもは欲しいけれども、1口125万円の社台募集に対しては、及び腰だった。

昨日(10月6日)このランブリングアレーが鮮やかに新馬で勝利を収めてくれた。

直線の追い比べで根性のあるところを見せて、着差(アタマ差)の割には強い勝ち方だった。

ブルーミングアレーもいよいよ本物を出したと思ったのは私だけではないだろう。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング