社台サラブレッドクラブが土日で4勝。着実に復調。

2月2日(土)、3日(日)の競馬。

社台サラブレッドクラブ所属馬が順調に勝ち星を積み上げた。出資者の笑みが見る。

勝ち馬は以下の通り。

2月2日(土)

東京5R(3歳未勝利)マルーンベルズ (牝馬、父ヴィクトワールピサ)  ※生産は追分ファーム

京都10Rエルフィンステークス(3歳牝馬オープン)アクアミラビリス (牝馬、父ヴィクトワールピサ)

中京3R(3歳未勝利)リチュアルローズ(牝馬、父ゴールドアリュール)

2月3日(日)

東京4R(3歳新馬)フィードバック (牡馬、父ブラックタイド)

いずれも3歳馬が勝っていることが大きい。将来につながるし、坂路の改修など改善の成果が着実に出ていることがわかる。

ちなみに、社台グループ生産馬の2月2・3日の勝ち数が以下の通り。

社台ファーム8勝、追分ファーム2勝、ノーザンファーム9勝

社台ファームの勝ち数はノーザンファームに拮抗している。しかし、3歳牝馬オープンのエルフィンステークスを社台のアクアミラビリスが勝ったものの、重賞2つはノーザンファームに持っていかれている。

社台、ノーザンの実力の差はまだまだ縮まらない、というのが実情だ。

ほかに、明るいニュースとして、土曜の中京3レース(3歳未勝利)で藤田菜七子騎手が社台のリチュアルローズで勝っていること。

今後、クラブ馬で菜七子ちゃんの騎乗依頼が増えるだろう。

クラブ馬以外の話として、今回の開催では、将来を嘱望(しょくぼう)される期待馬が4頭勝っていること。

3歳馬では、きさらぎ賞の ダノンチェイサー(父ディープインパクト) はクラシックの有力候補に名乗りを上げた。

日曜の東京9レース(3歳500万下ゆりかもめ賞ではサトノダイヤモンドの下のサトノジェネシス(父ディープインパクト)が大物感のある勝ち方をした。こちらはダノンチェイサーのライバルとして、両馬は今後とも鎬(しのぎ)を削るだろう。

ダートでは日曜の中京10レースごぎょう賞(3歳500万下)ではタイミングナウ(父Tapit)が強かった。遅れて追い上げて、早め先頭に立ち、差し馬に迫られてまた伸びる。遊びながら勝った印象だ。

このタイミングナウの馬主は(株)キーファーズ。これまで、高額馬を競り落としても、なかなか当たり馬を引けなかった。この馬で、今までの負け分を少し回収できるのではないか。

同じ(株)キーファーズ所有馬でキスラー(父ディープインパクト)が日曜の東京6レースに新馬勝ちを収めた。

こちらもサトノジェネシス、ダノンチェイサーに続いて目が離せない。

ここまで書いて、なんかお腹いっぱいになった。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

<img alt=”” p=””