【パーディシャー】ディープ×キンカはワグネリアンで成功。逆もまた真なり?

12月7日(土)

【社台】

<牡馬> パーディシャー、父キングカメハメハ、美浦・久保田貴厩舎

中山 5 レース(芝1800m)横山典弘騎乗

パーディシャーの

母父はディープインパクト。

キングカメハメハ×ディープインパクトという組み合わせは珍しい。

逆のケース、ディープインパクト×キングカメハメハでは、ダービー馬のワグネリアンですでに成功を収めている。

気なったので、netkeiba.comでキングカメハメハ産駒を賞金上位から調べてみた。

ローズキングダムやドゥラメンテなどG1レースやクラシック勝ち馬など重賞優勝馬が目白押しだが、ブルードメアサイアーがディープインパクトはなかなか出てこない。

何枚もページをめくって、やっと見つけたのがキングリッド(牡馬、2014年生まれ、 美浦・池上昌和厩舎、母イングリッド、追分ファーム生産、馬主吉田安惠)。

アンチョの子どもで、4戦3勝。溢れる素質を見込まれながら、開花せずに無念でリタイアした、あのイングリッドの仔だ。

キングリッドは現役馬で、22戦4勝 [4-7-3-8] 。

今年(2019年)は3歳以上3勝クラスに在籍している。

つい先日(2019年11月3日)、東京競馬場の芝1400m、3歳以上2勝クラスを戸崎圭太騎乗で勝ったばかりである。

同じキングカメハメハ×ディープインパクトということでキングリッドの成績からパーディシャーの将来を占うのはデータが少なすぎる。

かといって、今は亡きこの両馬の組み合わせから今後、同配合の馬が登場する機会も多くはないだろう。

ディープインパクト×キングカメハメハの成功例の逆もまた真なりがブラッドスポーツの競馬に当てはまるか?

とても興味が尽きない。

そんなことを思いながら、明日のパーディシャーのデビュー戦を楽しみにしたい。

12月4日(水)は久保田調教師が跨り、ポリトラックで5F65.0-49.9-37.0-12.2秒をマークしました。横山典弘騎手は「だいぶ上向いてきたと思います。奥があって初戦からというタイプではありませんが、コントロールがきく馬ですし悪くはありませんよ。マイルでも1800mでも対応できると思います」と話していました。

社台サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村