【ユヌエトワール】姉ノーブルジュエリーが新馬圧勝。ルメールはひどく興奮した。

12月7日(土)

【社台】

<牝馬> ユヌエトワール 、父スピルバーグ、栗東 ・斉藤崇史厩舎

阪神 5 レース(芝1400m)岩崎翼騎乗

ユヌエトワールの姉のノーブルジュエリー(2008年生まれ、父Smarty Jones) は2010年12月4日に阪神芝1400戦(2歳新馬)をルメール騎手でデビューして鮮やかな新馬勝ちを収めた。

着差はなんと9馬身差!

ルメール騎手はレース後、興奮気味に「今日はなにも言うことがないくらい文句のない勝ちっぷりでした。エンジンのかかりがとてもいいですね。距離はもう200mくらい伸ばして1600mくらいでもまったく問題ないでしょう」(社台サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました)と語ったことが、今でも記憶に焼き付いている。

ノーブルジュエリーは年明けのG3アーリントンCを7着に敗れた後、順調さを欠き、春のクラシックには間に合わなかった。

重賞は6歳の引退前のG3京都牝馬ステークスをルメール騎手で3着に来たのが最高で、通算成績は21戦6勝 [6-7-3-5]。

1億4,717万円 の賞金を獲得し、1口50万円の馬ということで、回収率は736%(1

口馬主DBより)という満足のいく数字を挙げているが、正直、あの衝撃のデビュー勝ちからすれば、物足りない印象を否めなかった。

その後、ノーブルジュエリーの妹、弟は期待されながらも思うような成績を残すことはできていない。

・ノーブルコロネット (牝馬、201年生まれ、父ディープインパクト) 2勝

・ステラスターライト (牝馬、2012年生まれ、父ディープインパクト) 1勝

・サトノサンシャイン (牝馬、2013年生まれ、父ステイゴールド)未勝利

・プロキシマ (牝馬、2014年生まれ、父ステイゴールド) 2勝、中央現役

・ノーブルスピリット (セン馬、2015年生まれ、父オルフェーヴル)未勝利

さて、父がスピルバーグに代わって、ユヌエトワールはどんなレースパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

好意的に解釈すると、きょうだいたちが期待されながら結果が出ない場合は、才能の阻害要因が何かある。

これを取り除くことができたとき、その馬は爆発する。

悪意的に解釈すると、この母系はサンデーサイレンス系とは相性が合わない。父スピルバーグにでも結果は同じだろう。

結果が前者であれば、G1勝ちこそないものの、重賞を4勝したノーブルジュエリーたちの母ノーブルステラは優秀な繁殖牝馬ということなのだろう。

後者なら、いい加減にサンデーサイレンスの血にこだわらずに非サンデー系をつければいいと牧場側に注文を出したい。

2018年産はハーツクライ牡馬、2019年産はキズナ牝馬が誕生している。

そして、2020年にはやっと非サンデーサイレンス系のハービンジャーをつけ、受胎している。

ここで、1口競馬の戦略。

このユヌエトワールがクラシックまで駒を進めることができたならば、2018年産のハーツクライ牡馬と2019年産はキズナ牝馬がねらい目。

もし、ユヌエトワールが結果を出さなければ、来年(2020年)生まれるハービンジャーの子どもに行ってみるのも一考だ。

12月4日(水)は岩崎騎手騎乗でCWコースで追い切られ、6F84.9-68.9-52.4-38.2-11.8のタイムをマークしています。岩崎騎手は「きっちりと手前を替えて走れていました」と話しています。現状はまだ華奢に映りますし、将来的にはパワーアップが望まれますが、まずまずの態勢が整ったといえそうです。

社台サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村