【アーモロート】ソウルスターリングとの共通点!?

2月16日(日)

【サンデー】

<牝馬>アーモロート、父ルーラーシップ、栗東・西園正都 厩舎

京都 6 レース(芝1800m)シュタルケ騎乗

アーモロートは2018年にサンデーサラブレッドクラブから「クッカーニャの2017」という名前で募集された。

一昨年、私は本ブログでこの馬の募集写真のシルエットがあのソウルスターリングの募集時によく似ているという記事を書いた。

ホントor嘘? 今年のサンデーサラブレッドクラブ募集馬に第二のソウルスターリングがいる!

↓クッカーニャの17(競走馬名アーモロート)

↓スタセリタの14(競走馬名ソウルスターリング)

ただ、似ているから、この馬もソウルスターリングなみに走るという短絡を戒めなければならない、そんな論調で書いたつもりだ。

2頭の馬がなんとなく似ているからといって、血統はまったく違う。

だから、クッカーニャの17(競走馬名アーモロート)に出資するか否かは、むしろ血統の評価がポイントとなるという論旨で記事をまとめた。

血統評価の部分を要約すると、以下の通りだ。

アーモロートの母父のフジキセキ産駒は仕上がり早やで、春のクラシック向きだが、父馬のルーラーシップの影響が出ると、晩成になる。

アーモロートはとん挫もあってなかなか仕上がらず、年明けの3歳2月のデビューとなった。

そうすると、少なくともフジキセキの早熟という影響は排除してよいだろう。

今後はルーラーシップ産駒のよい影響、つまり成長力に期待して、早熟だったソウルスターリングとは真逆のパフォーマンスを発揮してもらいたい。

2月12日(水)は坂路コースで追い切られ、半マイル54.0-38.7-25.2-12.5の時計をマークしました。西園調教師は「今日はサッと追い切りましたが、しっかりと動けていました。除外の影響は感じられません」と話しています。

サンデーサラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村