ルガールカルムはライバル、ドナウデルタの道をなぞっている。

スポンサーリンク

以前、9月22日の記事で、ロードカナロア産駒の2歳牝馬ルガールカルムをドナウデルタのライバルと書かせてもらった。

http://soumaryouzanpaku.net/wp-admin/post.php?post=1226&action=edit

ルガールの方が一足先に新馬を勝ちあがり、続いてドナウデルタも未勝利戦を勝って、同じ土俵に上がった。

先に昇級戦に挑戦したのは、ドナウデルタのほうで、11月10日の京都競馬場でG2デイリー杯2歳ステークスに出走した。

結果はモレイラ騎乗で3番人気5着とあえなく敗退。

続いて、本日(11月25日)にルガールカルムが東京7レース2歳500万下特別のベゴニア賞でルメール騎乗で登場し、1番人気に支持されるも、6着に沈んだ。

両馬とも似たような負け方で、進路をふさがれて、道中不利があり、力を出し切れずに不完全燃焼に終わった。

いくら私が勝手にライバルと呼んだからといって、付き合ってくれなくてもよかったのに。

ともあれ、ルガールカルムは馬体派、ドナウデルタは血統派が好むタイプで同じロードカナロア産駒の牝馬でありながら好対照の2頭だ。

できれば直接対決を望むが、それが3歳牝馬クラシックレースであれば、これに勝る喜びはない。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング