【マトリョーシカの18】サンデーサラブレッドクラブ募集馬2019検討会

サラブレッドクラブで募集されている1口馬主の馬のなかで、ヌレイエフのクロスを持つ馬を特集している。

二回目の今日はマトリョーシカの18を取り上げてみたい。

(1)サンデー募集のミッキーアイル産駒の基本データ

マトリョーシカの18の懸念材料は2つ。

①初仔なので、小さく出る場合がある。その後の成長でリカバーしないと、デビュー時小さい馬はハンデになる。

②武藤善則厩舎の問題。

武藤善則調教師は2003年デビューだから今年で17年目になるベテラン。

しかし、年間勝利数は23勝(2012年、2013年)で調教師リーディングは42位(2013年) が最高。

今年は約半年経過して勝ち数6勝で112位。1か月に1勝しかできない。

同厩舎預託馬で獲得賞金が第一位はセラフィックロンプ(2004年生まれ、牝馬、父マンハッタンカフェ) で1億7,224万円。

社台、サンデーからの預託馬で最も賞金を稼いだのがセイルオンザナイト(1998年生まれ、牡馬、父ホワイトマズル)で獲得賞金が3,751万円。

なんだこの馬? 出資者の方には申し訳ないが、聞いたことないぞ。

私は毎年カタログが届いて、関東の武藤厩舎という名前を見ただけで即切りをしている(武藤先生ゴメンナサイ)。

正直、この厩舎は不安です。

一方、同じミッキーアイル産駒でもスーヴェニアギフトの18とデュアルストーリーの18はかなり人気になるだろう。

スーヴェニアギフトの18は上がまんべんなく走っている。しかも、姉が重賞勝ち馬。

デュアルストーリーの18は現在、調教師リーディングトップの安田隆行厩舎。

状況的にはこちらの牡馬2頭のほうが走る条件がそろっている。

(2)サンデー募集のミッキーアイル産駒と測尺を比較する

マトリョーシカの18の馬体重が416キロ。これを見て安心した。

初仔でこの体重は大きい。生まれ月も1月、2月の早生まれではないので、今後の成長も期待できる。単純計算でプラス50キロを見込んだとして、デビュー時には460キロ前後で出走できるのではないか。

胸囲の174cmは3頭の中で一番。十分な肺活量を見込める。

測尺からの判断では、馬体重が良好なデュアルストーリーの18とマトリョーシカの18が双璧ではないだろうか。

(3)血統からマトリョーシカの18を評価する

サンデーサイレンスの3×4(18.75%)、Nureyevの4×5(9.38%)、
Vice Regentの5×5(6.25%)

ヌレイエフのクロスはいいとしても、インブリードが多いのはやや気になる。

サンデーサイレンスのクロスもどう出るかは期待と不安が半々だ。

この血統の売りのもうひとつは、母父はクロフネということ。

ブルードメアサイアーがクロフネ産駒を調べてみると、獲得賞金第1位は

ステファノス(2011年生まれ、牡馬、父ディープインパクト)で 約3億4,459万円を稼ぎ出している。

キャロットファームの馬で、富士S(G3)を優勝している。

最近、母父クロフネの馬の活躍が目立つ。

・ノームコア(2015年生まれ、牝馬、父ハービンジャー ):ヴィクトリアマイル(G1) 優勝。

・クロノジェネシス(2016年生まれ、牝馬、父バゴ):デイリー杯クイーンC(G3)優勝、桜花賞3着、オークス3着

・リリーノーブル(2015年生まれ、牝馬、父ルーラーシップ):桜花賞3着、オークス2着

・アイスフォーリス(2009年生まれ、父ステイゴールド) :中山牝馬S(G3)2着

このうちノームコアを除く3頭がマトリョーシカの18と同じサンデーサラブレッドクラブ募集の牝馬であることが心強い。

(4)サンデー募集のミッキーアイル産駒と馬体写真を比較する

こうして3頭を並べてみて一目瞭然(いちもくりょうぜん)なのが、マトリョーシカの18の豊かで大きな腹袋だ。

174cmの胸囲は写真で見ると目だつ。

骨格もあって、初仔のハンデも感じさせない。むしろスーヴェニアギフトの18とデュアルストーリーの18のほうが幼く、貧弱に見える。

馬体評価ではマトリョーシカの18は3頭の中で群を抜いている。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村