「キジも鳴かずば撃たれまい」ラフェリシテ新馬戦を快勝! 下の2頭に注目。

スポンサーリンク

ラフェリシテが外枠から好発進して、最後までスピードが衰えずに、強い勝ち方をした。


やはり、母シュプリームギフトの秀でたスピード値を受け継いでいる。

こうした勝ち方をすれば、その下が欲しくなる。

調べると、2017年産は父がロードカナロアの牝馬でサンデーサラブレットクラブ募集。

美浦の中川公成 厩舎預託。

ということは、ノーザンファーム天栄でビシビシ鍛えてもらえる。

シュプリームギフトの17に出資した人は羨ましい。

その下、シュプリームギフトの18は父がマクフィの牝馬だった。

マクフィといえば、社台グループが新たに導入した新種牡馬。

来年はドゥラメンテ産駒が注目されて、その陰に隠れて、マクフィ産駒は比較的取りやすい。

ここは、シュプリームギフトの18をひっそりメモしておこう。

ここに書いちゃ、「ひっそり」じゃないじゃん(笑)

たぶん、私と同じことを考えている会員さんもいらっしゃることかと思う。
そんな方がこの記事を読めば、
「キジも鳴かずば撃たれまい」と思っておられることだろう。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする