ホープフルS【ヴェルトライゼンデ】ドリームジャーニー産駒に初戴冠を

2018年の社台・サンデーサラブレッドクラブ募集では、第二希望と第三希望は空欄で出した。

第一希望の欄に「マンデラの2017」とだけ書いて出した。

それほど相馬に自信があった。

抽選では見事に外れたけれど、その日から、「マンデラの2017」がG1を勝利することが宿願となった。

そして、約1年半後。2019年も押し迫った12月28日。

宿願が達せられようとしている。

2歳G1のホープフルステークスに満を持してこの馬、「マンデラの2017」が登録してきた。

この馬とは、すなわちヴェルトライゼンデだ。

鞍上は英国の若き天才マーフィー騎手。

今年のイギリスのリーディング・ジョッキーで、来日2年目で早くもスワーヴリチャードをG1ジャパンカップ優勝に導いた。

剛腕は暮れの(事実上の)2歳チャンピオンを決めるレースでも炸裂するか。

最終追切でもラストを12.0で決めて、仕上がりは万全だ。

コントレイル,

ブラックホール、ラインベック、ワーケアと今年はメンバーが揃った。

この強敵相手に互角かそれ以上の力を発揮できれば、来年のクラシックに向けての視界は晴れる。

ドリームジャーニー産駒に初の重賞制覇の勲章を。

産駒の初重賞がいきなりG1ということだって、驚きはしない。

なぜならヴェルトライゼンデだから。

12月25日(水)は水口騎手を背に坂路コース併せで追い切られ、半マイル54.1-39.4-25.3-12.0の時計をマークしました。池江調教師は「終い重点でパートナーには先着しました。良い状態で出走できます」と話しています。

サンデーサラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村