お手柔らかに。レティキュール 、ペルクナスと同じレースでデビュー。/11月11日(日)サンデー出走新馬

スポンサーリンク

<牝馬>レティキュール 、父ハーツクライ、栗東・斉藤崇史厩舎
京都 5 レース(芝1800m)ルメール騎乗

わがペルクナスの姉、ラブリーマリアはアメリカダートG1を2勝(ケンタッキーオークス、アシュランドS)している良血馬だが、レティキュールの母ファッションプレートもアメリカダートG1を2勝(サンタアニタオークス、ラスヴィルヘネスS)で、こちらも負けず劣らずの良血馬。

上の写真を見る限り、こちらは、母の出自にかかわらず、芝向きの体型をしていますね。繋ぎも寝ているし。

牝馬で1口75万円は中価格帯。下のディープインパクト産駒の牝馬、ファッションプレートの2017はキャロットにて1口15万円(400口)で募集されました。

価格が競走成績を反映するわけではないけれど、

この血統から、いつ大物を出してもおかしくはない。それがこのレティキュールでも不思議じゃない。

11月7日(水)にCWコースで追い切り。6ハロン85.8-70.5-55.5-41.1-12.6の時計。

斉藤崇調教師曰く

「しっかりと乗り込まれており、態勢は整っています」

とのこと(クラブホームページより)。

どうか、お手柔らかに。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

&nbsp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする