社台・サンデー募集馬人気上位馬中間発表が出ました

社台・サンデー募集馬人気上位馬中間発表で
このブログで取り上げた馬が多く入っていた。
私の感覚は、多くの会員の選馬眼と大きくはズレていないということだ。
ひとまず安心した。
でも、穴馬発掘とはならなかったので、心中は複雑だ。
以下がこのブログで名前を出した馬。

マンデラの17……21票
エレインの17……14票
リュヌドールの17……13票
ステファニーズキトゥンの17……10票
レネットグルーヴの17……10票
トゥーピーの17……8票
ハワイアンウインドの17……8票
チャーチクワイヤの17……6票
ドナウブルーの17……5票
そしてセブンライトさん推奨のコナブリュワーズの17……5票

この数字が去年の総数の11.5%ということは、
単純計算で最終的にはこの約9倍の数の希望が集まる。
マンデラの17だと189票で、もはや200票越え目前。
この数字がどう出るか。
①「もはや無理。違う馬を探そう」と考えて、189票より減るか。
②「これだけ皆がいいと思うのなら、そんな馬を是非取ってみたい」と考えて、189票より増えるか。
もちろん、それぞれの行動を取る会員がいるだろう。
結果として、②が正解と考える。
本当に200票越えるかもしれない。
ただし、来週の中間発表で極端に増えれば、逆に①になるだろう。
ジェンティルドンナのときがそうだった。
当時のブログでは、諦めて違う馬にする、といった声が少なからずあった。
ちなみに、私はマンデラの17の第一希望はひとつの名義だけにして、
もうひとつの名義は第一希望を変えようか、どうしようか思案中。

ともあれ、いまはじっと身を潜めていても、蓋を開けて、にわかに頭角を現す
隠れ1位が毎年出る。
現時点で第一希望が取れると安心するのはチト早い。

今年のこのブログでいろいろ書いてきたが、そのなかで一番揺らがぬ自信がある予測が、
ノーザンファーム天栄の躍進でサンデー関東馬からさらに活躍馬を出す、というものだ。
マンデラの17から第一希望を変えるの馬として、サンデー関東預託馬を候補に考えている。
サンデー関東馬激走説は、ここで私がひとり吠えているだけで、
まだ会員の間に浸透していない。
今年がチャンスだ。
このブログに影響されて関東馬に出資する人は皆無ではないにせよ、
微々たるものだ。
ただ、どの馬が当たりか、までは断言できない。
でも、ぼんやりと姿が浮かびあがってはいる。
手がかりになるのは、厩舎だ。
堀厩舎ではでない。
堀師は関東所属でも、ノーザンファームしがらきを使っていると聞く。
次の候補は藤沢か国枝か、ということになるだろうが、
私の心中には別の調教師の名前が明滅している。
この話は、また別の機会に書くことがあるかもしれない。

ちなみに、インナーアージの17が23票を集めて、現在、人気1位。
先日、母父キングカメハメハを狙えと書いたが、
母父ディープインパクトも当然、獲得賞金を伸ばしてくるだろう。
ディープはキンカメよりも供用が2年遅れた。
だから、タイムラグで現在のブルードメアランキングがキングカメハメハ2位で
ディープインパクトは圏外だが、
今後ディープインパクトを繁殖牝馬とする競走馬が続々とデビューすると
活躍馬も増えてくることは確実だ。
単純に良血のディープインパクト牝馬の仔を狙う、という戦略は十分に、あるあるだ。
ディープインパクト産駒の募集価格が既に青天井となっている昨今、
ディープ娘の仔に行くのは、優れた選び方のように思う。
ただ、どのディープ娘の仔が走るのか、というのが難しい。
誰か教えて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする