【フォールクヴァング】ノヴェリスト産駒は社台ファーム生産馬がリード

9/7(土)

【G1】

<牝馬> フォールクヴァング 、父ノヴェリスト、栗東 ・高橋康之厩舎

阪神4レース( 芝1400m)北村友一騎乗

気になるデータを見つけた。

ノヴェリスト産駒は社台が走る。

産駒の獲得賞金上位7位までに社台ファーム生産馬が4頭入っている。

ラストドラフト(牡馬、2016年生まれ)社台サラブレッドクラブ
ダイワメモリー(牝馬、2015年生まれ)大城敬三
バレーノロッソ(牡馬、2015年生まれ) 社台サラブレッドクラブ
コロンバスデイ(牝馬、2015年生まれ)社台サラブレッドクラブ

獲得賞金上位といっても、3000万円~4000万円で、重賞勝ち馬もG3京成杯のラストドラフト1頭だけ。

ノーザンファーム生産馬は12位にヴァイザー(牡馬、2015年生まれ)キャロットファームが顔を見せる。

ノーザンファーム優位の現状にあって、このデータは珍しい。

ノーザンファーム生産の本馬フォールクヴァングは果たしてどう出るか?

賞金ランキングといっても、1位のシセイヒテン(牡馬、2015年生まれ、パカパカファーム 生産)4,806.4 万円なのだから、どんぐりの背比べで、オープンまでいけばすぐに逆転できる数字だ。

この馬がノヴェリスト代表産駒になることは難しくない。

まずは、新馬戦の走りに注目しよう。

この中間も順調に調整を重ね、本日9月4日(水)は坂路コースで追い切り、57.7-41.2-27.3-13.4秒の時計をマークしました。
「昨日までの雨の影響で、馬場も重たかったですし、ちょっと荒れ始めた時間帯の追い切りだったので、全体の時計は控え目です。それでも、ラスト重点で乗って、しっかりと反応していました。きちんと負荷を掛けて、手応えがありましたから、いい状態になったと思います。馬体もいい感じなので、初戦からどのような走りができるのか楽しみです」(高橋康之調教師)

G1サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村