【ダンスグルーヴィ】祖母は強さと、もろさを持つダンスインザムード

11月16日(土)

【社台】

ダンスグルーヴィ<牝馬> 、父ルーラーシップ、美浦 ・大竹正博厩舎

東京5レース(芝1600m)ルメール騎乗

本馬の祖母はダンスインザムード ( 2001年生まれ、父サンデーサイレンス) 5勝、 桜花賞(G1)、ヴィクトリアマイル(G1)優勝。

母はフローレスダンサー (2012年生まれ、父ハービンジャー) 1勝。

そしてこの子、ダンスグルーヴィと3代合わせると、ダンスダンスダンスだ。

社台サラブレッドクラブに愛着を持つファンはダンスインザムードにも相当の思い入れがあるにちがいない。

3歳時には4連勝の無敗で桜花賞に優勝。その後、アメリカンオークスに挑戦して惜しくも2着。

桜花賞後、2年間、勝利に恵まれず、5歳になってG1ヴィクトリアマイルを優勝して復活。

G1マイルチャンピオンSでのダイワメジャーとの死闘は今でも脳裏に焼き付いている。

熱く激しく闘志を燃やし、これがいいほうへ開花すれば連勝やG1勝利につながる。

逆に熱情が過ぎると、空回りをしてむなしく惨敗する。

「勁(つよ)さ」と「もろさ」が同居している。

そんなところがダンスインザムードの魅力だった。

ぜひ、この子どもを持ってみたい。

社台・サンデーの会員であれば、誰しも1度はそう思うだろう。

けれど、子どもたちはいずれも、「もろさ」のほうだけを受け継いで、思うような結果を出せなかった。

時は経ち、ダンスインザムードの孫の代になった。

ダンスグルーヴィは母のフローレスダンサーにルーラーシップを父に迎えて生まれた初仔だ。

ここは、激しい血も薄められて、よい塩梅になっているものと期待する。

追切もいいようなので、ルメール騎手に導かれて、先頭でゴールしてもらいたい。

きょう20日(水)はウッドチップコースで併せて追い切り、5F70.8-54.5-39.8-12.9秒の時計をマークしています。先週よりも良い動きを見せてくれました。少しテンションも上がってきていますので、できれば今週の出走が理想で、なんとか抽選を突破してほしいところです。

社台サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

p>👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村