【ヴェルトライゼンデ】将来性をデータから占う

ヴェルトライゼンデがホープフルステークスでコントレイルの前に2着に屈した。

ホープフルS優勝馬はその後、多くのクラシック馬、古馬G1競走勝ち馬を出して、登竜門とも呼ぶべきレースだ、と書いた。

それでは、ホープフルS2着馬のその後の動向はどうか。

非常に気になる。

2着でもその後に巻き返して、優勝馬をしのぐ活躍をした馬はいるか?

調べてみた( G1ホープフルステークスの前身ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 時代の勝ち馬も含む)。

バッドボーイ、コメート……う~ん。知らねえよ。

だいたい何だよ。バッドボーイって。歌の名前じゃあるまいし。

あなたは悪い男でした、って演歌じゃねえか。

正直、ホープフルステークス2着馬でも、重賞勝ち馬の名前が顔を見せる。

そう思っていた。

ところが、期待外れだった。

1頭を除いて

2011年の2着馬の欄にゴールドシップの名前を見つけた。

いるじゃん、2着でも巻き返した馬が。

このゴールドシップの存在は大きい。

並のG1馬の2頭、3頭分の価値がある。

ホープフルS2着馬はホープレス。

一瞬そう思いかけた。

しかし、まだまだ可能性はある。希望の灯は消えていない。

ヴェルトライゼンデは第二のゴールドシップになればいいんだ。

このときの勝ち馬のアダムズピークも相当の逸材と騒がれた。

しかし、皐月賞本番ではゴールドシップの18着に敗れた。

父はコントレイルと同じディープインパクト。

ディープ産駒はあるとき突然、競走成績が落ちる。

燃え尽き症候群とでもいうのだろうか。

その点、ヴェルトライゼンデはゴールドシップと同じ成長力のあるステイゴールドの血を引く。

目指せゴールドシップ。

ホープレスよさらば。

ヴェルトライゼンデの来年はホープフルにして幸多かれ。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村