フラッシングジェムは一族にザ・ロック。母系のデインヒルがマイラーの血を覚醒させる/1月13日(日)社台出走新馬

<牝馬>フラッシングジェム 、父エイシンフラッシュ、美浦・大和田成厩舎

中山 3 レース(ダート1800m)ルメール騎乗


フラッシングジェムのおじにフィエロ (2009年生まれ、父ディープインパクト) 5勝がいる。

フィエロはいわゆる無冠の大器。

2014年と2015年のG1マイルチャンピオンシップやG2マイラーズカップ、スワンステークスなどの重賞を2着にきながら、勝利の栄冠を獲りこぼしている。

でも、フラッシングジェムの血統上のいちばんの特長として、一族にあのザ・ロックがいることだ。

イギリスとフランスでG1を7勝(英2000ギニー、愛2000ギニー、ムーランドロンシャン賞、セントジェームズパレス、サセックスS、デューハーストS、仏グランクリテリウム)したザ・ロックとは、いうまでもなくロックオブジブラルタル (1999年生まれ、父デインヒル)のことだ。

ロックオブジブラルタル は1400~1600m を中心に活躍した名マイラーと言っていい。

ロックオブジブラルタルはフラッシングジェムの3代母Offshore Boomの仔にあたり、母系に直接つながるわけではない。

だが、祖母のルビーがデインヒルの仔なので、母系にデインヒルをかけることで、強いマイラーが生まれるのだろう。

フィエロの活躍もこうした血統論で説明できる。

ならば。
フラッシングジェムにもマイルで活躍してもらおう。

デビューはダートの1800mを選んだが、その選択は吉と出るか、それとも。

1月9日(水)にウッドチップコースで古馬1000万下・チャロネグロと併せた。

「動きは水準以上です。他馬に寄っていく面はありますが一頭なら問題ありません」とはクラブホームページの大和田成調教師の談。

父エイシンフラッシュの適性はいまのところ未知数だが、この母系からどんな能力を引き出してくるか。

明日のレースに注目したい。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

一口馬主ランキング