ゴルディロックス。今回は試走、将来につながる走りを/12月16日(日)サンデー出走新馬

<牝馬>ゴルディロックス、父オルフェーヴル、栗東 ・高橋亮厩舎
阪神 6 レース(芝1400m)鮫島良太騎乗

除外の可能性があったが、抽選を潜り抜けました。

この馬(募集時はハヤランダの2016)も去年のカタログで見たときの印象が強く残っている。

馬体というよりも、血統表のインパクトだ。

母父が1995年のジャパンカップ優勝馬ランド。

あのランドの娘だからハヤランダ。

ハヤランダはイギリスとフランスで走り、未勝利。

このハヤランダの第2子が本馬だ。

ハーツクライとの間の初仔パスティスは金子真人さんの持ち馬で、6戦して未勝利。

ランドは種牡馬としても母父としても日本では成功を見ていない。

ランドはドイツ系の馬で、母系にドイツ系は一時期のトレンドになった。

さて、ゴルディロックス。父がオルフェーヴルに変わって、意外性が発揮されるかもしれない。

こう言っちゃなんだけれど、オルフェーヴルは良血の繁殖牝馬につけるよりも、名の知れていない馬とのコンビネーションでひょんな好結果をもたらすことで知られている。

追いきり情報。

12月12日(水)、芝コースの併せ馬で遅れる。

高橋調教師の談。

「動きとしてはもの足りなく、放牧に出して乗り込んだ方がいいかもしれません。それでも、この中間調教自体はきっちり行えていますし、実戦を経験させることで、いい方向に変わる可能性もあります。今週除外になって、来週になるかもしれませんが、ひとまずデビューさせます。なお、怖がらずにしっかり乗ってくれる鮫島良騎手に依頼しました。レースまでに一度乗ってもらいます」

(以上、クラブホームページより)

この語調だと、今回は試走っぽい。

明日に向かっての試走であってくれ。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする