【1口馬主で成功する方法①】ジャパンカップ勝つと賞金がいくら入る?

(1)2年連続ジャパンカップ優勝

府中の最後の直線。

ジェンティルドンナが馬群を割って抜け出す。

完勝と思った矢先、外から黄色い帽子が飛んでくる。

父ディープインパクトと同じ勝負服だ。

金子さんのデニムアンドルビーが外を強襲してジェンティルドンナと並んでゴール。

私たちが見ていたゴール手前からは、デニムがわずかに差し切ったかに見えた。

がっくりと膝が崩れ落ちる感覚。

去年のジャパンカップと同じ写真判定になった。

去年は相当長い時間待たされたが、今年は違った。

すぐに7番のランプが一番上に点(とも)る。

ジェンティルドンナが2年連続でジャパンカップを制した。

2013年11月24日(日)。

東京競馬場で、私は1口馬主人生最高、いや、「1口馬主」は取ってもいい。

人生最高の秋(とき)を迎えていた。

ジェットコースターの山を猛スピードで下り終えて車輪の音をきしませて急停車する。

緊張がマックスからいきなりの脱力感、そのあとの達成感とでも言ったらいいのだろうか。

そんな感覚に似た歓びの感情がじわじわと湧いてくるのを感じた。

(2)久しぶりに会った競馬仲間には言えなかった

その場には、卒業後、数十年ぶりに集まった大学時代の競馬研究会の仲間がいた。

久しぶりに会った競馬仲間たちと、快挙の瞬間に立ち会えたのが嬉しかった。

けれど、私がジェンティルドンナに出資していることを告げていなかった。

正確には、告げられなかった。

このわずか数分でジャパンカップの賞金2億5千万円強(付加賞金を含む、2013年当時)のうち、1口の賞金400万円近くが懐(ふところ)に入ることになる。

仲間のうちの一人は飲食店を経営している。

週休1日でめいっぱいに働いても、たいして儲からないと嘆いていた。

父親と一緒に額に汗して毎日働いて、私に入ることになるのと同額に近い収入をようやく手にする。

そんな彼を前にして、涼しい顔をして1口馬主でG1を勝って、あぶく銭の大金が手に入ったことを言うのは、なんだか申し訳ない気がした。

素直にジェンティルドンナに出資していることを告げたら、仲間たちは祝福してくれたにちがいない。

それなのに隠すのも、なんだか変だ。

言うのも、隠すのも気が引ける。

ジャパンカップのあと、仲間たちと飲みに行ったのだけれど、心中、ずっと複雑な気持ちが去来した。

ちなみに、ジャパンカップでわたしが買った馬券は7番(ジェンティルドンナ)の複勝を5000円。

馬券の買い方もしみったれている。

おそらく社台・サンデーの会員の多くは、400万円の1口賞金なんて、はした金のはずだ。

それなのに、この程度の金額であれこれ思い悩む私は、性根がしみったれている。

(3)金が空から降ってくる

しみったれついでに書かせてもらうと、ジェンティルドンナが現役で走っていた

期間(2011~2014年)は、数か月ごとに百~数百万円の賞金が振り込まれてきた。

お金が空から降ってくる。

当時はそんな感覚を持った。

非正規の私は、それまでは、1日1万円前後の日銭(ひぜに)をコツコツというか、セコセコ足で稼ぐような仕事で生計を立てていた。

こうした地を這うような生活が一変した。

ジェンティルドンナで、都合2500万円近い賞金を手にすることになった。

そのお金の使い道については、また後日書くことにする。

私の人生を一変させた、あのジャパンカップが今年もまたやってくる。

『1口馬主で成功する方法~ジェンティルドンナの出資者が語る回想記』第1回「ジャパンカップ勝つと賞金がいくら入る?」終わり。

『1口馬主で成功する方法~ジェンティルドンナの出資者が語る回想記』第2回に続く

(1)不労所得を得ることが学生時代からの夢だった 働かないで、お金が毎月入ってきて、生活できる。 これは多くの人が抱いている願...

『1口馬主で成功する方法~ジェンティルドンナの出資者が語る回想記』はこれから不定期に連載します。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村