エレヴァージュ。同じエイシンフラッシ産駒のクラブ馬フィブロライトに続け/1月12日(土)サンデー出走新馬

<牡馬>エレヴァージュ 、父エイシンフラッシュ、美浦・木村哲也厩舎

中山6レース(芝1600m)ブロンデル 騎乗

エレヴァージュの母エレガントマナー (2006年生まれ、父シンボリクリスエス) 2勝 でその母はネオクラシック (1997年生まれ、父サンデーサイレンス) 2勝。

母ネオクラシックといえば、産駒にジャンバルジャン (セン馬、2004年生まれ、父ジャングルポケット) 3勝 とネオスピリッツ(牡馬、2005年生まれ、父シンボリクリスエス) 3勝とがいて、両馬ともサンデーサラブレットクラブから募集されて人気になった。

この一族にはダービー馬フサイチコンコルドや皐月賞馬ヴィクトリーがいて、牝系の血脈を大きく広げている。


競走馬は母系で走る。

私と同じ持論の方が多く出資されているのだろう。

1月9日(水)はウッドチップコースで3頭併せで、84.5-69.1-54.6-40.4-12.6の時計で合わせて併入。

「古馬、すでにデビューをした3歳馬と併せましたが、遜色ないというよりも、それ以上の動きでしたよ」(クラブホームページより)と木村調教師からのジャッジは心強い。

去年の11月11日にサンデーサラブレットクラブの同じエイシンフラッシュ産駒のフィブロライトが新馬を勝ちあがった。

エレヴァージュもこの馬に続いてほしい。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村