フォルコメンは馬を見れる人たちが出資しているんじゃないかな。/1月12日(土)社台出走新馬

<牡馬>フォルコメン 、父ヴィクトワールピサ、美浦 ・堀宣行厩舎
中山 6 レース(芝1600m)Mデムーロ騎乗

イマーキュレイトキャットの16は2017年の募集時、そこそこ人気になった。

社台募集でありながら。

父がヴィクトワールピサでありながら。

ヴィクトワールピサは2018年度の種牡馬リィーディング11位。

私はG1サラブレットクラブでヴィクトワールピサ産駒のフリーフォール(1口125万円)に出資したことがある。

馬は1つ勝ったあと屈腱炎の長い休養を経て、また屈腱炎を再発して引退。

出資金と維持費で出費がかさみ、えらい目にあった。

私ばかりではない。

みなさんの大半はヴィクトワールピサ産駒にあまりいい印象を持たれてはいないと思う。

それでも、イマーキュレイトキャットの16 は最終人気が67票で社台の5位。

第一希望で早々に埋まった。

それが、明日デビューするフォルコメンだ。

この馬は募集時から、馬体がいいと評判になった。

上に転載したのは去年の12月6日の写真だが、ほどよい筋肉の付きとバランスのいい垢ぬけた馬体に成長した。

いわゆる、馬を見れる人たちが出資しているのだろう。

1口100万円の牡馬は、現在では中位クラスの募集価格だが、社台は高額馬よりもこうした価格帯から活躍馬を出すことが多い。

1月9日(水)でウッドチップコースで最終追いきり。古馬と併せ馬で、52.9-38.4-12.8秒の時計は水準級といっていい。

右前肢にソエが出て、一時期、足踏み状態であったが、症状が落ち着いて出走体制は整った。

あとは結果を出すだけ。

関東のダービー調教師の堀さんとミルコに任せれば大丈夫だろう。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村