【クレドラネージュ】新馬戦レース後コメント

G1サラブレッドクラのクレドラネージュは9月7日(土)阪神(芝1400m・牝馬限定戦)に☆坂井瑠星騎手で出走し、7着でした。

クレドラネージュは姉ブランネージュ(父シンボリクリスエス)が芝1400mでデビューしたので、同じ距離を新馬で選んだのだろう。

姉は3着。その後、3着、2着、2着、3着と勝ちあぐねて、芝1600m戦で初勝利をものにした。

その後、1800m戦を2勝しているので、シンボリクリスエス⇒エピファネイアの同系の本馬は距離がもう少し長いほうがいいのだろう。

陣営は続戦を考えているようだが、どこを使うか気になるところだ。


「調教ではまだ動ききれない感じも受けましたが、攻めより反応は良く、しっかりと走ってくれました。最後まで気持ちの部分も途切れることなく伸びていました。経験を積んでいけば、もっといいところが出てきそうです。距離はもう少しあってもいいように感じました」(坂井瑠星騎手)
「気持ちの面を含めて、どのようなレースになるか半信半疑の部分もありましたが、終いはしっかりと差を詰めて、競馬の形は悪くなかったと思います。装鞍所からパドックまでは落ち着いていたものの、ジョッキーが跨った返し馬から少しピリピリとしていたので、どうなるかと心配しました。しかし、レースでは問題なかったですね。集中力ということに関しても、攻め馬のときより良かったと思います。経験を重ねていけば、もっといい競馬ができるようになるはずで、このまま続戦したいと考えていますが、トレセンへ戻って、変にテンションが高くなることがないかどうか、状態をよく見てから判断します」(松下調教師)

G11サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村