セレクトセール2018・1日目所感~ディープインパクト産駒の買い納め

スポンサーリンク

セレクトセール2018の1日目、1歳馬のセールが終わった。

1億円以上で競り落とされた1歳馬を去年(2017年)と比較してみる。

2018年:1億円越え22頭

販売者別でみると
ノーザンファーム(ノーザンレーシングも含む)15頭

社台ファーム6頭

追分ファーム1頭

種牡馬別でみると

ディープインパクト産駒11頭(牡馬10頭、牝馬1頭)

ハーツクライ産駒4頭(牡馬4頭)

キングカメハメハ産駒1頭(牡馬1頭)

American Pharoah産駒1頭(牡馬1頭)

ブラックタイド産駒1頭(牡馬1頭)

ジャスタウェイ産駒1頭(牡馬1頭)

スクリーンヒーロー産駒1頭(牡馬1頭)

2017年:1億円越え15頭

販売者別でみると

ノーザンファーム(ノーザンレーシングも含む)12頭

社台ファーム2頭

その他1頭

種牡馬別でみると

ディープインパクト産駒8頭(牡馬6頭、牝馬2頭)

ハーツクライ産駒2頭(牡馬2頭)

キングカメハメハ産駒2頭(牡馬2頭)

ロードカナロア産駒1頭(牡馬1頭)

購買価格1億円越えの馬が2017年(15頭)→2018年(22頭)と7頭も増えた。

販売者で見ると、ノーザンファームが2017年(12頭)→2018年(15頭)と3頭増加し、競走馬市場もノーザンファーム一人勝ちの感が強まった。

ただし、社台ファームも2017年(2頭)→2018年(6頭)と3倍増し、検討している。理由はあとで触れる。

種牡馬別で見ると、ディープインパクト産駒がやはり王道を行っている。

2017年(8頭)→2018年(11頭)と3頭増加。

ほかに2017年と傾向が異なるのは、非ディープ産駒が、2017年では御三家のキングカメハメハ産駒、ハーツクライ産駒以外ではロードカナロア産駒だけであったのが、2018年にはAmerican Pharoah産駒、ブラックタイド産駒、ジャスタウェイ産駒、スクリーンヒーロー産駒1頭と幅広い種牡馬の産駒が選ばれている。

さて、ここからが考察だ。

ディープインパクト産駒のEIが2016年の2.80から2017年2.02、2018年2.08と急落しており、明らかに産駒の競走成績が低下している。

このため、セレクトセールではディープ離れが始まるとも予想されたが、それは杞憂であった。

理由としては以下の3点が考えられる。

①ダービー馬にディープ産駒ワグネリアンの誕生。

⓶欧州でのディープ産駒の活躍。サクソンウォリアーが英国の2000ギニーを制覇し、ディープインパクト産駒がヨーロッパのクラシックでも通用するものとして注目を集めた。

③ディープインパクトの種牡馬供用の年齢的限界。

以上の理由の中でも、今年ディープインパクト産駒の高額馬が急増した背景には、③の要因が大きいと考える。

ディープインパクトは今年で16歳。

種牡馬生活も長くてあと数年だろう。

いまが買い納めのときだ。

ディープインパクトの強力な後継種牡馬が存在しない現在、その候補を買えるチャンスも年々限られてくる。

ディープインパクト産駒の活躍馬をつかむことができれば、⓶の事情もあいまって、種牡馬としての需要は海外にまで及ぶ。

だから、有力な購買者はディープ産駒めがけて殺到した。

ノーザンファーム生産馬に手が届かなければ、社台ファーム生産馬でも欲しい。

こうした意識も手伝って、今回のディープインパクト産駒の競り上がりと社台ファーム生産馬の躍進があった。

このように考えたが如何に?

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする